離乳食が始まるは乳歯が生え始める時期でもあります。

 

ちょっとだけ生えている赤ちゃんの歯は小さくて可愛らしいですよね。

 

今までは歯茎だけだったので噛まれても痛くないのですが、歯が生え始めるとちょっと痛くなってきます。

 

そして、歯が生え始めてきたら悩んでしまうのは、虫歯です。

 

赤ちゃんの歯も毎日お手入れをしないと、歯が変色したり、虫歯の原因になってしまいます!

 

最初は歯のお手入れを嫌がってぐずるかもしれませんが、徐々に慣らしていくことが必要です。

 

今回は赤ちゃんの歯の変色や生え方、歯のお手入れ時のケアのコツについて紹介していきます!

Sponsored Links

 

赤ちゃんの歯はいつからケアが必要?

赤ちゃんの歯が生え始める時期は生後6ヶ月頃からになります。

 

わが子は、少し個人差があるのか生後6ヶ月より前に歯が生え始めてきて、よだれが多くなっていました。

 

歯が生え始めたら、すぐに歯のケアの準備をしてくださいね。

 

はじめから大人のようなな歯磨きをする必要はなく、歯磨きの動作に慣れることから始めます(*’ω’*)

どんな歯だったら注意が必要?

赤ちゃんの歯は前歯から生え始めます。

 

大人と違ってぎっしり密着した歯ではなくて、歯と歯のあいだに少しスキマがあるのが通常な歯の状態になります。

 

歯の色は大人と同じ白くクリアな歯が生えてきます。

 

もし赤ちゃんの歯の色が黄色かったり、または茶色い場合は、「エナメル質形成不全症」と呼ばれる症状が起きている歯になっている可能性があります。

 

通常の歯はエナメル質でコーティングされていますが、それが欠如しています。

 

そのため、エナメル質形成不全症になると歯がもろく、虫歯なりやすいんです。

 

そのような歯になっている場合は、歯科で一度相談してみてください。

 

また、ある程度歯が生えてくると歯並びも気になってくるかと思いますが、歯が斜めに生えている場合も注意が必要です。

 

歯並びがあまりにも乱れていると歯ブラシでうまく歯磨きができず、磨き残しが出てしまう原因にもなります。

 

なので、ある程度生えてきて歯並びがちょっと気になる場合も、歯科に相談してみると良いですね。

月齢別赤ちゃんの歯のお手入れの仕方を紹介!

赤ちゃんの歯の成長具合によって、歯のお手入れの仕方が変わっていきます。

 

そこで、どのように赤ちゃんの歯をお手入れしていけばいいのか、月齢別に紹介していきたいと思います。

生後6ヶ月頃(生え始め)

前歯が少し見える程度に歯が生えていきます。

 

濡らしたガーゼでお口のなかを拭いたり、湯冷ましを飲ませたりして、口の中をキレイにしてあげます。

生後7か月~9ヶ月頃

この頃から下の前歯も生え始めてきます。

 

赤ちゃん用の歯磨き粉と歯ブラシを使って、歯磨きに慣れさせていきます。

 

赤ちゃんはうがいができないので、うがいがいらないフッ素がはいっている歯磨き粉がオススメです。

 

ガーゼに塗布するタイプのものもあるので併用するのもいいですね(*’ω’*)

 

私がオススメする歯ブラシについて、このあとに紹介しています。

 

歯磨き粉についてはこちらの記事で紹介していますので、良かったら読んでみてください☆

 

★関連記事★

赤ちゃんの歯磨き・うがいはいつから?ガーゼを使ったやり方を紹介!

 

生後9か月~1歳頃

前歯が上下4本程度生えそろってきます。

 

引き続き、歯ブラシを使って歯磨きをしていきます。

 

歯磨きの回数も1回から2回にしたりして、歯ブラシを使った歯磨きに慣れさせます。

1歳頃~

このころになると、奥歯も生え始めてきます。

 

歯の本数が増えてくるので、磨く歯の順番を決めて1本ずつしっかり磨くようにしていきます。

歯磨き時のトラブル対処法

赤ちゃんの歯磨きでよく起きるトラブル事例を紹介します。

 

赤ちゃんが歯磨きを嫌がってぐずる

赤ちゃんにとって初めてのことなので、赤ちゃんが歯磨きを嫌がってぐずることはよくあります。

 

楽しく歌を歌ったり、話しかけながら歯磨きをしてあげることが大切です。

 

歯磨きを嫌がるといって適当に歯のお手入れをしてしまうと虫歯になるかもしれません。

 

赤ちゃんの歯の磨き方を紹介しているおすすめの動画がありますので、参考にしてみてください(´・ω・`)

 

歯茎から血が出てくる

歯茎はデリケートですので、歯磨きで出血してしまうこともあります。

 

その時はあわてずにガーゼで歯をふく程度で歯のお手入れは終わりにします。

 

出血はすぐに止まるので、次の歯磨きをするときから普段通りのお手入れをして大丈夫です。

 

歯医者さんから教わったのですが、歯磨きに力は必要なく軽めに細かく磨くことが上手に磨くコツなんだそうです。

 

歯茎から血が出てしまうということは少し力が入りすぎているので、歯茎を必要以上に傷つけてしまわないように気を付けてくださいね。

 

実際に使ってみて良かった歯磨きグッズを紹介

実際に使ってみて良かった歯磨きグッズをを紹介します。

参考にしてみてください。

【コンビ】はじめての歯磨き乳歯ブラシセット

赤ちゃんの成長別に歯ブラシが分かれているので、お買い得な歯磨きセットです。

 

赤ちゃんにも握りやすいグリップになっているのが嬉しいですね。

 

【ピジョン】親子で乳歯ケア歯磨きナップ

メッシュになっているので歯の汚れを拭き取りやすいです。

 

歯の生え始めにオススメのグッズです。

 

【ピジョン】親子で乳歯ケア ジェル状歯磨き

うがい不要の歯磨きジェルになります。

 

フッ素が入っていて、歯の生え始めからも使用できますので、ガーゼにつけて磨いてもOKです!

 

 

まとめ

  1. 赤ちゃんの歯は生後6ヶ月頃から生え始める
  2. 歯が生え始めたら歯のケアをスタートする
  3. 赤ちゃんの歯に異常を感じたら歯科へ相談する
  4. 歯磨きをすることに慣れさせることから始めるのがコツ
  5. 歯の状態に合わせて歯ブラシの形状など歯磨きグッズを選ぶ
  6. 少しぐずっても歯ブラシはきちんと行う

 

歯のケアをしようとすると、どうしても嫌がってぐずることが多いと思います。

 

できるだけ歯磨きは楽しい時間だということを分かってもらうためにも、歌を歌ったりして楽しく歯磨きをすることが大切です。

 

キチンと磨き終わったあとは、たくさんほめて抱っこしてあげると赤ちゃんも落ち着きますよ(*’ω’*)

 

今回紹介した内容が参考になれれば嬉しいです☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの歯はいつから生え始めるの?生え方・順番や生えないのは病気なの?

赤ちゃんの歯ぎしりはストレスが原因?歯が欠けたり受け口になる?

赤ちゃんの歯固めはいつからいつまで必要?日本製で人気のグッズを紹介!

赤ちゃんの指しゃぶりが激しい理由は愛情不足!?やめさせる方法はある??

赤ちゃんの指しゃぶりが激しいと出っ歯になる⁉︎利き手もわかるって本当⁇

Sponsored Links
Sponsored Links