赤ちゃんを無事出産してママの体調も落ち着いてきた頃、そろそろ赤ちゃんを連れてお出かけしようかな♪という気持ちになってきますよね。

 

近所をお散歩するのもいいけれど、もう少し遠出をしたくもなります。

 

車をお持ちでない方は、タクシーは交通費が高くなるので電車を選びたいところです。

 

特に大都市周辺にお住いの方は、電車なら移動しやすいですよね。

 

電車の子供料金が発生するのは6歳からなので、赤ちゃんは無料で乗れるのもうれしいですね。

 

でも、大勢の人が乗っている電車に乗せることは、赤ちゃんの負担になってしまわないか心配になります。

 

それに、もし車内で泣いてしまったら他の人の迷惑になってしまうかも・・・と不安になります。

 

そこで今回は、赤ちゃんの電車デビューはいつからがいいのか、泣かれた時に使える対処法について紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんの電車デビューはいつからがいいの?

電車デビューの前に、そもそも赤ちゃんとおでかけするのは、1か月検診で主治医の先生から「問題ありません」の言葉をもらってからにしたほうが無難です。

 

まだまだ抵抗力の低い赤ちゃんには、外気にあてることはあまりよくないです。

 

ママも、産後はあまり動かないほうがいいですしね。

 

それまでは自宅もしくは里帰り先の実家で過ごすようにしてくださいね。

 

1か月検診も無事終わって「さあお出かけだ!」と思いますが、ちょっと待ってください!

 

まだまだ首の座らない赤ちゃんには、ガタンゴトンと揺れる電車は負担が大きいです。

 

しかも、授乳間隔もおよそ3時間おきですよね?

 

電車の中で授乳するのは少し気が引けますし、それでも赤ちゃんはお構いなしに泣いてしまいます。

 

なので、電車デビューの時期の目安としては、赤ちゃんの首がすわる頃が良いかと思います。

 

個人差はありますが、だいたい3か月~4か月ぐらいで首がすわります。

 

その頃であれば、授乳間隔も少しづつ開いてくるはずなので、お出かけもしやすくなります。

 

まずは少しづつ、比較的空いている時間帯を狙って短い時間で電車に乗ってみてください。

 

はじめのうちは15分ぐらいで着くところから始めてみて、だんだん30分・1時間と電車に乗る時間をのばしていきます。

 

朝方や夕方の通勤通学ラッシュ時は避けて、平日の昼間がいいですね。

 

乗っている人が少なければベビーカーに乗せたまま乗車できます。

 

もし車内が混んでいても、抱っこ紐で抱っこすれば乗り降りで手間がかからないですし、場所を取らずにすみます。

 

どうしても首がすわる前に電車に乗らないといけない時は、新生児用でも抱っこできる抱っこ紐があるので、そちら使うのもアリですね。

 

また、できればパパや両親も一緒にいれば、何かあった時にすぐに対処しやすいです。

泣かれたときに使える対処法!

電車のなかで赤ちゃんが泣きだしてしまうと、ママとしてはやはり周りの目が気になってしまいますよね。

 

「赤ちゃんは泣くのが仕事!」なんて言ってくれる人ばかりならいいですが、「うるさいなぁ」と感じる人もいるのが事実です。

 

電車は公共の乗り物なので、こちらも「子供だから仕方ないでしょ!」と思ってはいけません。

 

私たちもそれなりにマナーを守らなければいけません。

 

そこで、電車内で赤ちゃんに泣かれたときに使える効果的な対処法をいくつか紹介します。

抱っこしてゆらゆらする

やはりママが抱っこしてあげると、赤ちゃんは落ち着きます。

 

もともと抱っこ紐で電車に乗った人は立ち上がって、ベビーカーで電車に乗った人は赤ちゃんを抱き抱えて、まずは自分の気持ちを落ち着かせながら赤ちゃんをゆらゆら揺らしてみてください。

 

その際は、まわりの人にぶつからないように注意してくださいね。

 

焦らず、ゆっくりと優しい言葉をかけながら揺れてあげれば、赤ちゃんの気持ちも落ち着いてきます。

仕掛け絵本を見せる

音のなるおもちゃだと周りの迷惑になってしまうかもしれないので、飛び出す絵本や鏡のついた絵本を見せてあげます。

 

そうすると、赤ちゃんの気分がそちらにまぎれて、泣き止んでくれます。

 

こちらの仕掛け絵本が個人的にはオススメです。

 

動画を見せる

動画を見せるときは、音の大きさに注意しながらスマホで見せてあげます。

 

ただこちらの場合は、とくに優先席付近ではやらないように、マナーを守りましょうね。

 

赤ちゃんが泣き止む動画して人気のある動画をいくつか紹介します。

 

<LOTTE カフカ>

 

<ムーニーちゃんのおまじない>

 

<ワッキーの赤ちゃんが笑うてっぱん動画>

 

どうしても泣き止まない場合は、仕方ないですが一度電車を降りてしまうのもひとつの方法です。

 

外の景色を見せて赤ちゃんの気持ちが落ち着いてから、また乗りなおします。

 

一度気分がリフレッシュしたことで、その後はスヤスヤと眠ってくれるかもしれませんよ。

 

まとめ

  1. 赤ちゃんの電車デビューは首が据わる3~4か月がベスト!
  2. 首が据わる前に電車に乗せたい場合は、新生児用の抱っこ紐がおすすめ
  3. 電車内で赤ちゃんに泣かれた時は、できるだけマナーを守って泣き止ませる
  4. 一度電車を降りて気持ちを落ち着かせることも大事

 

赤ちゃんとお出かけするときは、時間と心に余裕をもたせることが大事です。

 

穏やかに楽しく電車に乗ってお出かけできるといいですね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

ベビーカーで迷惑にならない電車の乗り方・マナー!抱っこ紐もあると便利!

赤ちゃんと車で長距離移動中の抱っこは危険!チャイルドシートで泣く時の対策とは!

赤ちゃんを抱っこして車に乗せたら違反?違反にならない時とは?

車に赤ちゃんステッカーを貼る本当の意味!吸盤タイプのマイメロステッカーが可愛い!

赤ちゃんと旅行はいつからできる?おすすめの宿・ホテルと持ち物リスト紹介!

赤ちゃんをおんぶして自転車に乗るのは危険!正しいやり方を紹介!

Sponsored Links
Sponsored Links