赤ちゃんが生まれてからの1年間は、お宮参りやお食い初めなど、様々な行事があります。

 

赤ちゃんの成長を願う大切な行事とはいえ、「いつ何があるのか分からない!」という人も多いのではないでしょうか?

 

そんな方のために、今回は赤ちゃんが1歳になるまでの行事とそのスケジュールについて紹介します♪

 

便利なカレンダーアプリもいくつか紹介するので、ぜひ使ってみてください♪

Sponsored Links

 

赤ちゃんの行事は何がある?

赤ちゃんのお祝い行事の代表的なものと行う日はこんな感じです。

 

  • お七夜(命名式)・・・生後7日目
  • お宮参り・・・生後約1ヶ月目
  • お食い初め・・・生後100日目
  • 初節句(女の子)・・・生後最初の3月3日
  • 初節句(男の子)・・・生後最初の5月5日
  • ハーフバースデー・・・生後6ヶ月
  • 初誕生日・・・生後1年目

 

日程については地域によって少し違ったり、赤ちゃんやママの体調、パパのお休みなど色々な事情があると思うので、必ずしもこの日にやらなくてはいけないというものではないです。

 

それでは赤ちゃんの行事について簡単に説明していきます。

 

お七夜(命名式)

お七夜は赤ちゃんが生まれて最初の行事になります。

生まれた日を1日目として、7日目の夜に行います。

親族へ赤ちゃんの名前をお披露目して、無病息災を祈願します。

 

お宮参り

赤ちゃんが生まれたことを氏神様に報告し、無病息災を祈念する行事になります。

男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に行うのが一般的のようですが、地域によって違ってくるので自分が住んでいる地域はいつになるのか一度確認したほうが良いですね。

最近は日数にこだわらず、赤ちゃんとママの体調や天候を考慮して行うことが増えています。

特に真夏や真冬の場合は、もう少し過ごしやすい季節になってから行う人も多いです。

お食い初め

「一生食べ物に困りませんように」と祈願しながら食べる真似をさせるお祝いになります。

行うのは生後100日目ですが、地域によって異なるのでこちらも要確認です。

土日などの都合の良い日に行う家族がほとんどかと思います。

 

初節句

名前の通り、赤ちゃんが生まれて初めてむかえる節句のことになります。

女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句になります。

桃の節句では雛人形を飾って、両家の祖父母などとお祝い膳を囲みます。

端午の節句では鯉のぼりや五月人形などを飾って、お祝い膳には血巻きや柏餅を用意します。

もし生後間もない頃に節句を迎えてしまう場合は、次の年に行って大丈夫です。

 

ハーフバースデー

ここ数年で広く知られるようになったイベントで、1歳の半分の生後6ヶ月をお祝いします。

個人差はあれど、首も座って、寝返りが出来たり、よく動くようになったりと成長してきた赤ちゃん。

わが子の成長を家族でお祝いしてあげてみてください☆

我が家では、赤ちゃんの顔写真をたくさん壁に貼って写真を撮りました♪

必ずやらなければいけないイベントではないので、ママとパパの出来る範囲で楽しんでお祝いしてあげてください。

 

初誕生日

ついに迎える1歳の誕生日。

1歳を迎えることが難しかった時代に、無事に1歳になったことを盛大にお祝いする風習が生まれた、とも言われています。

「一生食べ物に困りませんように」と願いを込めた一升餅を背負わせてお祝いします。

両家の祖父母も喜んでお祝いに駆けつけてくれるでしょうから、みんなで盛大にお祝いしてあげてくださいね♪

便利なカレンダーアプリを紹介!

それぞれの行事については分かったけど、じゃあ、うちの子はいつやれば良いんだっけ?と分からなくなってしまうことがよくあります。

 

育児と家事に追われる日々の中で忘れてしまわないように、赤ちゃんの月齢を計算したり、スケジュールを管理出来る便利なアプリを紹介します♪

 

年齢計算機(iphone)

赤ちゃんの月齢を計算してくれる、とってもシンプルなアプリになります。

計算だけできれば良い、余計なものは不要、という方にオススメです。

 

「年齢計算機」についてはこちら

 

赤ちゃん ウィジェット(Android)

赤ちゃんが生まれてからの日数と月齢数を自動的にウィジェットで確認出来て、主要な記念日をアラームで知らせてくれます♪

 

 

「赤ちゃん ウィジェット」についてはこちら

 

あかちゃんカレンダー Free(Android)

カレンダーだけでなく、育児日記などの記録も出来る便利なアプリになります。

赤ちゃんごとにカレンダーを切り替えられるので、赤ちゃんごとの予定管理が可能です。

アラーム機能もあるので、行事の予定を入れておけば忘れることがなくて安心です。

 

「あかちゃんカレンダー Free」についてはこちら

 

まみぃメモ(iphone/Android

このアプリは妊娠期から育児期まで長く使うことがアプリになります。

カレンダー機能で赤ちゃんの行事やママの予定、予防接種などのスケジュールも一括管理できます。

写真付きで日記を記録出来て、しかもSNSとの連携もできるのも便利ですね。

 

「まみぃメモ」(iphone)についてはこちら

 

「まみぃメモ」(Android)についてはこちら

 

ベビーカレンダー(iphone/Android)

赤ちゃんが生後何日かを教えてくれるだけではなく、月齢に合わせた必須情報が毎日更新されたり、医師監修の記事を読めたり、離乳食のレシピまであったりと、至れり尽くせりのアプリです♪

私は妊娠中からこのアプリを使って情報収集してました!

生まれてからも毎日色んな情報が更新されるのでとても役立つし、離乳食のレシピはとっても助かりました!

ただ、子供が歩くようになってドタバタと1日が過ぎるようになると、アプリを開く余裕はなくなってしまいました(笑)

 

「ベビーカレンダー」(iphone)についてはこちら

 

「ベビーカレンダー」(Android)についてはこちら

 

TimeTree(iphone/Android)

「専用のアプリじゃなくて、シンプルなカレンダーで十分!」なんてママもいると思います。

そんなママにはこのアプリがおすすめです。

一番の特徴はカレンダーが共有出来ること。

赤ちゃんの行事だけでなく、夫婦それぞれの予定を入れて共有出来るのもありがたいですね。

私はこのアプリを使って旦那とスケジュールを共有してます!

これに予定を入れておけば、「言ったよね?」なんて喧嘩することもなくなりますよ♪

ずぼらな私は予定を入れ忘れることがよくあって、しょっちゅう注意されてますが(笑)

パパもママもまめにスケジュール登録ができればとってもオススメのアプリです!!

 

「TimeTree」(iphone)についてはこちら

 

「TimeTree」(Android)についてはこちら

 

まとめ

  1. 赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでは、成長を願う行事が盛りだくさん!
  2.  行事を行う日ややり方は地域によって異なる場合もあるので事前に確認しておく
  3. 便利なアプリを活用してスケジュール管理
  4. 自分でスケジュール管理の出来るママは、生後日数を計算してくれるだけのシンプルなアプリがオススメ
  5. 欲張りママには、育児情報も得られてカレンダー機能も付いているアプリがオススメ
  6. パパとスケジュールを共有出来るアプリで家族みんなの予定を管理することも出来る!

 

アプリって本当にたくさんあって、何を使えば良いのか迷いますよね。

 

ママのライフスタイルや性格によって、合うもの合わないものがあると思うので、気になったものは一度ダウンロードして使ってみてくださいね♪

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

予防接種のスケジュール管理でおすすめの人気無料アプリを勝手にランキング!

Sponsored Links
Sponsored Links