まだ細菌やウイルスへの抵抗力が弱い赤ちゃんは、風邪を引いたことなどをきっかけに中耳炎を起こしやすいと言われています。

 

まだ言葉が話せないうちは耳が痛いのかどうか伝わりにくいので、赤ちゃんが中耳炎を起こしているのかママ達には判断しにくかったりもします。

 

中耳炎を繰り返す子とそうでない子とで個人差はありますが、成長していくうちに免疫力も強くなって中耳炎を起こしにくくなっていきます。

 

しかし、中耳炎を放置していると症状が悪化してしまい、切開したりチューブを耳の中に入れるなどの対処をしないといけないということもあります。

 

今回は、中耳炎の主な症状と見分け方、治療法について紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

中耳炎になる原因とは?

赤ちゃんが中耳炎になる原因について紹介していきます。

免疫力が弱い

記事の冒頭でもお伝えしましたが、赤ちゃんは細菌やウイルスに対する抵抗力が大人に比べて弱いため、中耳炎を起こしやすいです。

 

赤ちゃんの抵抗力は成長過程で強くなっていくので、個人差はありますが中耳炎になる頻度は少なくなっていきます。

 

私の経験からだと、だいたい3歳ころには中耳炎が治まってきますよ。

耳の構造が大人と違う

赤ちゃんの耳は、大人よりも耳と鼻をつなぐ通り道が短く平坦なため、鼻水が流れやすい構造になっています。

 

そのため、細菌やウイルスが耳にくっついて炎症を起こしやすいのです。

赤ちゃんは鼻水をかめない

赤ちゃんは鼻をかむことのできないので、放っておくと鼻にいつも鼻水が溜まっている状態になります。

 

そのため、細菌やウイルスが外に出にくく、耳まで鼻水が流れてしまいます。

中耳炎の主な症状

中耳炎になると、このような症状が出てきます。

発熱

耳に炎症が起きるため、熱を出ることもあります。

 

炎症の程度にもよりますが、38度以上の高熱が出ることも多いです。

耳だれ

炎症によって中耳の部分に膿が溜まり、溜まった膿が外へ流れ出てしまい、耳だれを起こしてしまいます。

 

耳だれにより肌が荒れてしまうので、こまめに拭き取ったり着替えてさせてあげてくださいね。

耳が匂う

中耳の膿が原因で耳の中が酸っぱいような独特の匂いがします。

耳が詰まる

中耳に膿が溜まると、膿で耳が塞がれてしまって聞こえずらくなります。

 

この症状は、まだ言葉をちゃんと話せない赤ちゃんは伝えることができません。

耳の痛み

耳の炎症が悪化することで、耳が痛くなることもあります。

 

赤ちゃんが耳を抑えたりするような動作をすることが多くなります。

中耳炎の見分け方はあるの?

赤ちゃんは大人と違ってまだちゃんとした言葉を話すことが出来ません。

 

そのため、症状をよく観察して中耳炎を早期発見してあげることで、悪化する前に治療することが出来ます。

 

赤ちゃんが中耳炎になっているかの見分け方チェックリストを作成してみました、

 

赤ちゃんんの中耳炎の見分け方チェックリスト!

  • 鼻水がよく出ていないか
  • 赤ちゃんが耳を気にしている様子はあるか
  • 耳のまわりや服、布団に黄色い液が垂れたような跡があるか
  • 耳が臭わないか
  • 熱が出ていないか
  • 機嫌は悪くないか 

 

ほかの症状の場合もあるかもしれませんが、とくに耳まわりに症状がある場合は要注意ですね。 

中耳炎になったらどうする?

中耳炎っぽいかな?と感じたら、早めに医療機関へ受診することをオススメします。

 

その場合は、小児科か耳鼻科が担当になります。

 

軽度の場合は小児科で抗生物質などを処方されますが、赤ちゃんの耳は狭く見えづらいため耳鼻科を紹介される場合もありますので、病院の案内へしたがってくださいね(*’ω’*) 

中耳炎の主な治療法とは?

赤ちゃんが中耳炎になった場合、こちらの方法で治すことが多いです。

薬物療法

痛み止めを併用して耳の痛みを取りながら、抗生物質で炎症を和らげていきます。

 

抗生物質は決められた錠数を飲まないと効果を発揮できず、再発してしまう可能性が高いため処方された薬はきちんと最後まで飲み切ってくださいね!(^^)!

鼓膜切開

鼓膜が膿によってパンパンに張れてしまった時には、局所麻酔をしてから耳を切開して膿を出します。

 

赤ちゃんの場合は、麻酔もじっとしていられないため少し可愛そうですが、頭やカラダをおさえながら行います。

 

また、鼓膜を切ってしまうので「耳が聞こえなくならないの?」と思う方も多いかもしれませんが、鼓膜は1週間程度で再生するので大丈夫なんです。

 

「鼓膜って切っても再生するんだ」と、知ってびっくりしました(´・ω・`)

鼓膜チューブ挿入術

膿が溜まりすぎた場合はさきほど紹介した鼓膜切開をして膿を取り除いてあげますが、また膿が溜まってしまうことがあります。

 

何度もこの状態を繰り返してしまう場合は、鼓膜へ小さなチューブを入れておいて常に膿を排出させる治療法へ変更したりします。

 

チューブといっても耳の中に入れているあいだは、赤ちゃんが引っ張ってとってしまうというようなことはとくにないそうです。

 

また、鼓膜へ小さなチューブを常に挿入しているので、耳だれが出やすくなって衣服などが汚れやすくなりますので、こまめに交換してあげて清潔にしてあげます。

 

耳の炎症が落ち着いて膿を完全に出しきるまでは、中耳炎は何度でも再発してしまうので、数か月間も治療にかかる場合もあります。

中耳炎になったらお風呂に入っても大丈夫?

赤ちゃんが中耳炎になった場合、お風呂に絶対入っちゃダメ!というわけではありませんが、悪化している時は熱が出て体力を消耗している場合もあります。

 

また、耳の中にお湯が入ってしまうことは衛生上よくありませんので、温かいお湯で絞ったタオルを使って顔やカラダを拭いてあげるなどの工夫してあげると良いですよ。

 

耳だれなどでどうしても汚れが気になる時は、短時間でサッとお風呂に入れるようにしてください。

 

自宅にいる時は、なるべく耳の炎症を悪化させないように、鼻水を外に出してあげるよう加湿したり、こまめに鼻を吸引してあげてくださいね。

 

まとめ

  1. 赤ちゃんは抵抗力が弱いため中耳炎になりやすい
  2. 3歳ごろまでには抵抗力がついていき、中耳炎になりにくくなる
  3. 赤ちゃんの中耳炎は、様子をしっかりみて判断する
  4. 抗生物質は容量を守って最後まで飲み切らないと再発する可能性が高い
  5. 中耳炎が治りにくい時は、鼓膜切開やチューブを挿入する方法もある
  6. 中耳炎担った時のお風呂は短時間でサッと済ませる
  7. 鼻水を溜め込まないように自宅でのケアを心がける

 

赤ちゃんは言葉が話せないので、中耳炎なのかどうか判断するのはなかなか難しいですよね。

 

とくに鼻水がたくさん出て風邪にかかっているときは注意が必要ですので、赤ちゃんが耳をよく触っていないかなど、記事で紹介したチェックリストを参考にしてみてくださいね。

 

早く中耳炎を発見することができれば、悪化することを防ぐことができますので、赤ちゃんの様子を見守ってくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただきあ、りがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの蕁麻疹はお風呂や離乳食が原因?湿疹との違いと対処法は?

赤ちゃんの耳掃除を耳鼻科でできるのはいつから?頻度はどのぐらい?

赤ちゃんの耳かきはいつから?ピンセットでとるのは鼓膜に危険!?

赤ちゃんの耳垢がベタベタ!耳だれが黄色/臭い原因と対策とは!

赤ちゃんが耳掃除で泣く/嫌がる時の対策!血が出てきたらどうするの?

Sponsored Links
Sponsored Links