481446

アレルギーというと花粉症やハウスダストを思い浮かぶ方も多いと思います。

 

赤ちゃんにもアレルギー症状の出現する可能性があることはご存知でしょうか?

 

急に赤ちゃんが湿疹や嘔吐をしてしまったら慌ててしまいますよね。

 

嘔吐や湿疹の出るアレルギーとは何なのか、病院での検査など緊急時に役立つ情報や病院側は診察時何を知りたいのか、詳しく紹介していきます!

Sponsored Links

 

湿疹や嘔吐の出るアレルギーってどんなもの?

花粉症や気管支喘息など様々なアレルギーがあって、私も毎年花粉症で病院通いが通例になっています。

 

その中でも赤ちゃんが湿疹や嘔吐するアレルギーの原因といえば、ずばり食物によるアレルギーなんです。

 

赤ちゃんって母乳やミルクしか飲んでないじゃない、、、と思われる方も多いはず!

 

母乳はお母さんが食べた食べ物の影響を直接受けますので、卵や小麦製品などのアレルギーの出やすい物質を多く摂取した場合、母乳を介して卵や小麦アレルギーになる場合があるのです。

 

赤ちゃんは消化管の機能が未熟な為、アレルギー反応が出てしまう場合も多いようです。

母乳育児よりミルクの方がいいの?

母乳にアレルギー成分がでちゃうくらいならミルクのほうが安心なんじゃない?と私も思っていました。

 

しかし、母乳栄養には「免疫グロブリンA」という消化機能の免疫を高める物質があるので、単純にミルクに切り替えればいいというわけではないのです。

 

「今やネット社会で情報が錯綜していて、もうどれを信じていいのやら困ってしまう。」という声をよく耳にします。

 

やっぱり自分が悩んでいることは皆も悩んでいるんですね。

 

仮にアレルゲン物質が母乳に交じってしまったとしても、アレルギー症状を起こす濃度の1000分の1程度ですので、軽い症状がほとんどです。

 

母乳のメリットを総合的に考えると母乳はできる限りあげることが一番です!

アレルギー症状ってどんなもの?

特定のアレルゲン物質を摂ると、体が強い拒否反応を示します。

 

これが、アレルギー反応というわけなんですね。

 

大部分が湿疹などの皮膚症状ですが、息が苦しくなる等の呼吸器症状や嘔吐、下痢の消化器症状と人によって千差万別です。

 

湿疹と一言で言っても小さいものから大きく盛り上がったものと色々な形があります。(画像は大きく隆起している湿疹)

 

db1aae19023c123dadf6259a706e41d4_s

 

「色んな症状があってほかの病気と区別がつかないじゃない!」と、私も医者に説明を受けた時は思いました。

 

しかし、これらの症状は食物を摂取してからほとんどが2時間以内に出現するので、断定はできませんが、アレルギー反応ではないかと病院側は推測できるそうです。

アレルギーの症状が出た場合の対処法

アレルギー反応の場合は、症状が時間と共に変化していきます。

 

例えば湿疹の場合、初めは顔に数個出てきて、数分後には体中に出たのちに湿疹が消えてしまったという軽症のケース。

 

嘔吐から始まり、熱が出たり咳や苦しそうな表情があるなど、時間と共に状態が悪化してくるケース。

 

明らかに苦しそうな表情や意識がない場合を除いては、時間が経てば治るかもしれませんので、慌てずしばらく観察をしてみてください。

 

後者の例のように赤ちゃんの状態が悪化している場合は、迷わずに救急車を呼ぶほうが無難です。

 

赤ちゃんがグッタリしていたら救急車!を覚えておきましょう。(これ重要ですよ~)

病院でどんな検査をするの?費用はどのぐらいかかるの?

b484bafb51aad84ce0e8f579fab22d0a_s

アレルギー症状が疑われる場合は、年齢の時期を問わず血液を採取して調べることができます。

 

費用は、保険の適用範囲で約5,000円程度になります。

 

調べるアレルゲン項目が多いほど採取する血液量が多くなる仕組みなので、その分プラス料金が発生しますのでご注意を(医者と相談して決める場合もありますよ)。

 

時折、両親がアレルギー体質で赤ちゃんのアレルギーがないかどうか事前に知りたいと方もいるかと思います。

 

しかし、赤ちゃんの場合は脂肪が多く血管も細いので、検査に必要な血液量を採取するために、どうしても何度も注射針を刺すことになってしまう場合もあるので、特に症状がない場合は検査を行わない病院がほとんどのようです。

アレルギー陽性のものは避けるべき?

「アレルギー検査をして陽性反応が出た食品をすべて除外しなくてはいけない」という考えが昔はあったみたいです。

 

しかし、検査で陽性と出た食品を食べても、アレルギー症状が出るとは限らないんです。

 

すべて除外していたら何も食べれなくなってしまうので、過剰に神経質になる必要はないです。

 

赤ちゃんが成長するごとに離乳食へ移っていきますが、少しずつ観察しながら新しい食品を1つずつ食べさせていくことで、どの食品がダメなのか食べられるのか分かりやすくなります。

病院で医師が聞きたいのはココ!

救急車で運ばれてきたとき以外は、アレルギー症状が治まっているので、医者は両親から症状を聞くことになります。

 

「そんなのびっくりして覚えてないよ!」と言われることもしばしばありますが、当然ですよね。

 

子供が急にブツブツの湿疹や嘔吐したら、私もオロオロしてしまいます。

 

しかし、アレルギー症状の場合、症状がピークの時の状態はそばにいた人しかわからないので、出来るだけ出た時間や症状は覚えていることが理想です。

 

湿疹の様子をスマートフォンのカメラで撮影しておくと、医師にとっても分かりやすいのでオススメです。

 

あとは、食べてから何分くらいで症状に気が付いたか?なども細かく聞かれます。

 

病院では細かく聞かれる場合も多いですが、初めてのアレルギーが出て分からなかったことは素直に分からないと医者へ伝えましょう。

 

答えられる範囲で伝えることが大切です。

 

まとめ

赤ちゃんのアレルギーで家庭で出来る対策をまとめてみました。

 

  1. まずは赤ちゃんの状態を観察
  2. 緊急時には迷わず119番
  3. 新しい食品は一つずつ与える
  4. カメラなどを使って症状を記憶

 

このようなことを少し気を付けるだけでも、アレルギーが出た時に落ち着いて行動できますね。

 

今回の紹介した情報をぜひ参考にしてみてください。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの乳児湿疹は乾燥が原因?あせもとの違いや薬・病院で治るの?

赤ちゃんが嘔吐する原因は何?熱がなくて元気なら大丈夫なの?

赤ちゃんが噴水のように大量に嘔吐する!黄色/透明なら危険なの?

赤ちゃんの背中に赤いブツブツが!湿疹やあせもはお風呂で要チェック!

Sponsored Links
Sponsored Links