無事に赤ちゃんを出産して一息ついたところで、たくさんの人からお祝いをいただいたりしますよね。

 

結婚式を挙げていない方にとっては、初めての内祝いになるかもしれません。

 

育児で疲れているなかで、出産の内祝いのことでについても考えないといけないので、かなり大変になります。

 

この記事を参考にして、出産内祝いをサッと乗り切ってもらえればと思います!

Sponsored Links

 

出産内祝いに使うお金の相場は?

出産祝いは職場の上司や同僚・友人・親戚など、様々な方からいただきます。

 

そのため、いただくお祝いの金額も品物も人それぞれです。

 

出産の内祝いで使う金額の相場は、頂いた金額(品物の値段)のおよそ半分から3分の1ぐらいと言われています。

 

私は旦那と話し合った結果、「内祝いは気持ちが大事だよね。」という結論に達し、頂いた金額に左右せず3分の1以下にしました。

 

5000円以下の物を頂いた方には、1000円前後の菓子折りに。

 

10000円以下の方には普段使いできる洗剤などのセットや、家族がいる方にはアルバムにもなるカタログギフトを。

 

そして10000円以上の方には、洗剤などのセットに菓子折りや少し高めの佃煮・お吸い物など、ご飯のお供になるものを出産内祝いとして贈りました。

 

内祝いを贈るタイミングはお祝いを頂いてから1カ月以内が良いそうですが、実家に帰省していたりしていて渡せなかったりすることも多いですよね。

 

私も1番遅くに渡した方は2カ月を過ぎていたかも…(笑)

 

お祝いのお礼が遅れてしまったときは、実際に産まれた赤ちゃんに会わせたり、写真を見せたりすと、とても喜んでくれますよ。

 

複数の方からお祝いを頂いた場合は、大人数でシェアできる菓子折りを贈ったり、1人1人に渡す場合はプチギフトで1000円以内の物を選ぶと、相手にも気を使わないでいいかもしれませんね。

名入れ付きの出産内祝いは初めましてのご挨拶

頂いた金額に応じてではなく、「みんなに同じものを贈りたい」と考えている方もいますよね?

 

私の場合は、だいたい同じ金額を頂いた方の出産内祝いには、名入れ付きの菓子折りを贈りました。

 

名入れすると、産まれた赤ちゃんの名前を伝えることができ、赤ちゃんの初めましての挨拶にぴったりです。

 

絶対喜ばれると私は思います。

 

友人は、赤ちゃんが産まれた時の体重と同じ重さのお米を贈ったりしていました。

 

私もおばあちゃんにはお米を贈りたかったんですが、一人暮らしで使い切れないかもと思い断念。。。

 

今は、商品に直接名前をいれてくれるものもあります。

何が好きかわからない方にはカタログギフトがオススメ

出産祝いを頂いたけど、相手が何が好きか分からない。。。

 

家族構成や趣味嗜好などを知らない相手からもお祝いをいただくことってありますよね?

 

私も義母の職場の方から出産祝いを頂いたのですが、顔も知らない、話したこともない、ただ名前だけ聞いたことがあるという感じでした。

 

そんな時に内祝いとして渡すのにピッタリなのが「カタログギフト」です。

 

実は、私はカタログギフトを内祝いにすることに少し抵抗がありました。

 

お祝いしてもらった相手に、自分のために選んだ品物ではないんじゃないかと受け取られる可能性があると思ったからです。

 

しかし、相手が欲しいものを自由に選ぶことが出来るのは、相手の趣味嗜好を知るチャンスでもあるなぁと思ったんですよね。

 

自然と会話の中に「カタログギフトの中から何を選びましたか?」という会話が出来ます。

 

それに、金額の目安を知られないのも大きな利点ではないでしょうか。

 

私もカタログギフトを頂くのが大好きなので、相手も喜んでくれたならぁと思ってカタログギフトを贈りました。

 

今は、アルバムにもなるカタログギフトがたくさん出ています。

 

小さい子供がいる方やお孫さんがいる方に贈るのもいいですね。

両親への出産内祝いはどうする?

両親からは、「出産で色々と費用がかかるだろうから」という援助の意味でも、お祝いを多めに包んでくれている場合が多いです。

 

私も10万円ほどもらってしまいました。

 

「え?!こんなに?!」と封を開けてびっくりしたことを覚えています。

 

もらった金額の半分から3分の1の額できっちりお返しするのは他人行儀みたいで逆に失礼だったり、援助の意味合いもあるのなら「何のためにあげたのかわからない」と思われたりするかもしれません。

 

とはいえ、親しき仲にも礼儀あり

 

金額にはこだわらずに喜んでもらえそうで、かつ金銭的に負担にならない程度のプレゼントをお礼の一言を添えて贈って、可愛い孫の写真をまめに送ったり顔を見せに行ったりすれば、十分に喜んでもらえるのではないかと思います。

 

私は両親から「内祝いはいらない」と言われたのですが、その言葉に少しだけ甘えつつも負担にならない額の贈りものを用意しました。

 

その他には、写真スタジオで撮影したものやスマホで撮った写真を贈ったりもしています。

のしの基礎知識

のしについて調べてみると、初めて知ったことがたくさんあったので、みなさんにお伝えしたいと思います。

 

そもそも「熨斗(のし)」の由来は、昔は薄く伸ばしたアワビを縁起物として贈り物に添えていたことからきているそうです。

 

その後、昆布や紙が代用されるようになったそうです。

 

現在は簡略化されて、印刷されているのしや折りのし(色紙を細長い六角形に折りたたんだもの)を使用したのし紙や祝儀袋が一般的になっています。

 

そして、品物と一緒に目録をつけて贈るというしきたりも簡略化されて、相手に中身を伝えるためにのし紙の表書きを書くようになりました。

 

のし紙をかけることは昔から引き継がれている正式なマナーなのですが、親しい友人などの場合は、リボンでラッピングして贈っても問題ないそうです。

 

ただし、「のし + リボン」はNGなんだそうです。

のしは「内のし」「外のし」どっち?

のしをかける時に、出産の時の内祝いは内のし?外のし?と悩まれる人も多いかと思います。

内のしは品物の上に直接のしをかけて包装紙で包みます。

 

一方、外のしは包装紙の上からのしをかけます。

 

昔は贈り物に添えるかたちで風呂敷に包んで届けていたそうなので、現在の包装紙が風呂敷の役割を果たしているので、内のしが正解になるそうです。

 

地域によっては異なることもあるそうなので厳密なルールはないのですが、出産内祝いでは控えめな内のしの方が無難です。

 

贈り物を強調したい時や持参して内祝いの品を手渡す場合は、外のしにしたりするそうです。

水引の選び方

水引もたくさん種類があって悩みます。

 

のし紙をかける際に適していない水引を選んでしまうと失礼にあたるので、十分に注意しなければなりません。

 

そこで、色んな水引の種類について紹介していきます。

祝いのし 紅白蝶結び

一般祝事、お中元やお歳暮などには、何度でも繰り返したいという願いから、簡単に結び直せる蝶結びの水引を使用します。

 

紅白のほかにも金赤であったり、さらに特別な場合には金銀もあり、別名「花結び」といいます。

祝いのし 結び切り(10本)

固く結ばれて離れていないことから、主に婚礼関係の祝事に使用されます。

 

水引の数が奇数ではなく偶数の10本なのは、『夫婦は2人で1つ』という意味で5本を2つに合わせて1組としています。

祝いのし 結び切り(5本、7本)

重ねて起きて欲しくないとの思いを込めて、お見舞いや全快・快気祝いなどに用いられます。

 

お見舞いの場合には、『病気を延ばす』と受け取る方もいるため、のしをかけない場合もあります。

 

出産内祝いの場合は、祝いのしは蝶結びになります。

 

なぜのしの種類がこんなにたくさんあるのか不思議でしたが、ちゃんと1つ1つに理由があって、とても勉強になりました。

出産内祝いの表書きの書き方

普通の内祝いと書き方が違うのが、表書きになります。

 

一般的な内祝いでは、水引の下には自分の苗字を添えます。

 

しかし、出産内祝いののしの表書きは水引の上に「内祝い」、水引の下に赤ちゃんの名前を書きます。

 

赤ちゃんから「ありがとう」を伝える初めての贈り物になるのが、出産内祝いになります。

 

これは結構知らなかった人が多いのではないでしょうか?(私だけ?)

 

たまに私も出産内祝いをもらう時に、赤ちゃんの名前ではなく苗字が入っていることがあります。

 

これは、ちょっと気をつけたいところですね。

出産内祝いで書くメッセージカードの文例を紹介!

出産内祝いで添えるメッセージカードについても、時間があればその人その人に合わせて考えたいですよね。

 

内祝いをもらった時の喜ぶ顔が浮かんできます。

 

まず、内祝いのメッセージには、「お返し」という言葉はあまり使わないほうがいいそうです。

 

「お返し」は「もらったから返す」と読み取られる可能性があるからなんです。

 

お礼状やメッセージに「お返し」という言葉は避けて、「ささやかですが心ばかりの品をお贈りさせていただきます。」などの言葉だと、目上の方にも贈りやすいですね。

 

また、赤ちゃんを授かることのできない事情などがある方にも配慮が必要です。

 

子供が産まれて嬉しい気持ちはわかりますが、喜びをストレートに表現しすぎないようにするのがポイントですね。

出産内祝いのメッセージカードを書くときのポイント

出産内祝いのメッセージを書くときに、おさえておきたいポイントをまとめてみました。

 

  • いただいた品物への感謝の気持ちを第一にする
  • 赤ちゃんの名前が読みにくい場合は読み仮名を添える
  • 母子の産後の経過を伝える
  • 今後の支援をお願いする言葉や相手の健康や活躍を願う言葉を添える
  • これらのポイントをおさえておくろ、スッキリと文章がまとまるかと思います。

 

ここで、私が考えた出産内祝いのメッセージ文例を2つほど紹介します。

この度はお気遣いいただきまして、本当にありがとうございました。

お陰様で母子ともに元気にすごしております。

心ばかりの品をお贈りさせていただきましたので、ご笑納下さい。

今後とも親子ともどもよろしくお願いします。

 

この度は子供の誕生に際し、お祝いをいただきましてありがとうございます。

出生は◯月◯日で、名前は◯◯(ふりがな)と名付けました。

ささやかですが、心ばかりの品をお贈りさせていただきます。

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

ポイントをしっかりおさえた上で、きっちりまとまった文章になっているかと思います。

 

少しかしこまった文章のように思える方は、内祝いを贈る相手にあわせて少し砕けた文章に変えてもいいかもしれませんね。

お礼状のマナーについて

メッセージカードとは別にお礼状を添える場合もあります。

 

お礼状を添えると、メッセージカードよりあらたまった感じになります。

 

お礼状は白い便箋にブラックかブルーブラックのインクで縦書きで書きます。

 

封筒は白の無地を使用して、テープなどではなく糊で封をします。

 

封字は「〆」「締」「封」が一般的です。

 

差出人は夫婦連名にしたほうが無難ですね。

 

いただいた品物について具体的なお礼が書けるのは、お礼状ならではの長所ですね。

会社関係者に贈る場合

目上の方や会社関係者の方には、お礼状の冒頭に時候の挨拶があると良いですね。

 

「新しい家族のためにさらに仕事に励みたい」という決意を述べたりすると、まとまりの良い文章になります。

親戚・友人に贈る場合

親戚や友人にはあまり堅苦しくならずに、丁寧な文章であれば全然OKです。

 

書く文字をやわらかめな文体にすれば、より赤ちゃん誕生の報告にふさわしい雰囲気の文章になります。

 

私はお礼状を一切つけていませんでしたが、書いておけば良かったなぁと少しだけ後悔しています。

赤ちゃんの写真は添えた方がいい?

ママ・パパは、赤ちゃんのが可愛くて可愛くて仕方ないですよね。

 

世界中にこの可愛さを知らしたいと思っている方もいるかもしれません 笑

 

出産内祝いで、赤ちゃんの写真をメッセージと一緒に添えて大丈夫なのかなぁと、ふと疑問に思ったんですよね。

 

調べてみると、赤ちゃんの写真を添えるのは、赤ちゃんが欲しいのに授かることが出来ない方などに配慮して、ごく親しい身内のみにした方がいいそうです。

 

出産は嬉しいことだからこそ、受け取る方の気持ちにも配慮したいですね。

 

まとめ

  1. 内祝いの額は半分〜3分の1が基本。でも気持ちが一番大事
  2. 名入れ商品は赤ちゃんの名前を知ってもらうチャンス!
  3. カタログギフトはどんな相手にも喜んでもらえる
  4. 両親には甘えつつもこれからお世話になる意味も込めてお返しを
  5. のしは内のし、水引は蝶結び
  6. 表書きには赤ちゃんの名前を書く
  7. メッセージ+お礼状もつけるとよりあらたまった印象に
  8. 赤ちゃんの写真は親しい身内と友人だけに添えたほうが良い

 

初めての出産だと、慣れない育児で寝不足が続いて、品物選びで精一杯になるかと思います。

 

出来るだけ旦那さんと一緒に協力して、二人で相談して出産祝いについてどうするか考えると良いですね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links