赤ちゃんの目ってつぶらでウルウルしてて、とってもカワイイですよね。

 

そんなきれいな赤ちゃんの目に、ふと気が付いたら目やにが!

 

私が初めて気づいたときは慌ててティッシュでふき取ってしまいましたが、その後友人から上手なふき取り方を聞いて興味を持ったので、赤ちゃんの目やにについて色々と調べてことを紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんの目やにを上手に取るコツ・取り方

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、少し強くこすっただけでも赤くなってしまいます。

 

なるべくやさしく、ササッと取ってあげたいですよね。

 

目頭の目やには鼻のほうへ、目尻の目やにはそのままアイラインを引くようにそっと目尻のほうへ流して取るのが、上手に赤ちゃんの目やにを取るコツになります。

ガーゼ・綿棒・清浄綿で目やにを取る

ガーゼ・綿棒・清浄綿のなかで、とくに清浄綿は一個ずつ包装されているので清潔に使えることができ、また濡れているので乾いた目やにも取りやすくて便利です。

 

清潔なので授乳前の乳首や赤ちゃんのお口まわりのふき取りにも使えますよ。

 

綿棒は赤ちゃんが急に動いても目に入らないように、横にして使うのがコツです。

 

家にどのアイテムもないときは、三角に折ったティッシュペーパーの角を使うのもアリです。

片目ずつ清潔な部分を使って目やにを取る

例えば、片目だけがウイルス性の目やにだったりすると、ガーゼなどの同じ部分を使って目を拭いたときにもう片方の目にもウイルスがうつってしまうかもしれません。

 

目を一回ふき取るごとに、まだ使っていない部分をつかって目を拭いてあげてくださいね。

無理にこすって目やにを取らない

目の中に入っている目やにはすごく気になりますが、触って傷つけてしまうと危ないので、涙で自然にはしっこに流れていくのを待ってから取って大丈夫です。

 

ほかにも、目やにが乾いてくっついていると簡単に取れないときがあります。

 

そのときは無理に目をこすったりしないで、ぬるま湯にひたしたガーゼや清浄綿で目やにをやわらかくすると取りやすくなります。

 

それでも取れそうにないガンコな目やには、お風呂でふやけさせて取ってあげましょう。

病院に行ったほうがいい?

取ってもすぐにまたついている目やにを見つけると、病気なのかな?と不安になってしまいますよね。

 

こまめにケアしてもなかなか目やにが治らないときは、きちんと病院でみてもらったほうがよいです。

 

目やにだけなら眼科で大丈夫ですが、熱や咳・鼻水が出ていて風邪っぽいときはかかりつけの小児科に行って、目やにが気になっていることもきいてみるといいですよ。

薬剤師さんオススメの目薬を紹介!

子どもがちょっと目がかゆそうで目やにが増えてるかも?と思っていたときに、なにげなくドラッグストアで目薬のコーナーを見ていたら、薬剤師のお姉さんが声をかけてくれたことがありました。

 

そこで薬剤師のお姉さんに赤ちゃんにも使える目薬について聞いてみると、

 

赤ちゃんでも使える目薬でも成分がけっこう強いものもあるので、まずは刺激があまりない目薬を使うと良いですよ。」

 

とアドバイスをもらい、まずは「ロートこどもソフト」という目薬を使ってみて、それでも良くならない場合は病院で診てもらってくださいね。と言われました。

 

こちらの目薬は、涙に近い成分なので目にしみなくて、乾燥やホコリから守ってくれるということだったので、すぐに買って使ってみました。

 

そんなに嫌がることもなく使えたので、とても重宝しています。

 

マッサージで目やにを改善・予防!

赤ちゃんの目やにが出る原因のひとつに、目頭から鼻に抜ける涙の流れ道が細くなったり詰まったりしてしまう鼻涙管閉塞という病気があります。

 

目薬を使うことで目やにを改善・予防することができますが、鼻涙管閉塞についてはお家でも簡単にできるマッサージで改善・予防することができますよ。

 

マッサージのやり方は、赤ちゃんの頭を片手で支えてあげて、もう片方の手で目と目の間をつまみ、目頭のあたりをやさしく押して揉んであげるだけです。

 

マッサージを始める前には、爪を短く整えて指を清潔にしておいてくださいね

 

まとめ

  1. 目頭の目やには鼻のほうへ、目尻の目やには目尻のほうへふき取る
  2. 一回ふき取るごとに清潔な部分に持ちかえてふき取る
  3. 無理にこすらない
  4. 目やにが治らない、風邪かもしれないときは病院へ
  5. 目薬は低刺激で涙に似た成分がオススメ
  6. 鼻涙管閉塞なら目頭のマッサージで予防・改善

 

目やにが出ているときはとにかくこまめに取ってあげて、気になったら病院に連れて行ってあげましょう。

きちんとケアして大切な赤ちゃんの目の健康をバッチリ守ってあげたいですね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの目やにが片方だけに!緑・黄色のは風邪のせい?結膜炎に注意!

赤ちゃんの目に入ったゴミを上手に取る方法!こすると赤くなるので要注意!

赤ちゃんのものもらいはうつるの?病院に行かずに目薬で対処できる?

赤ちゃんの二重まぶたはいつから?やっぱり遺伝?線を作る方法とは!

赤ちゃんの目が見える時期はいつ頃?目が合わない原因は何なの?

赤ちゃんが目をこするのは眠いから?充血して赤いから何とかしたい!

赤ちゃんが寄り目や白目になるのはなぜ?どんなことに注意するの?

Sponsored Links
Sponsored Links