昔から「赤ちゃんのよだれは元気な証拠」と、よく言われています。

 

しかし、あまりにもよだれが出すぎると肌荒れの心配をしたり、反対に出ないとそれもそれで心配になったり…

 

今回は赤ちゃんのよだれについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんはよだれをいつから出るの?

赤ちゃんがよだれを出す時期については、赤ちゃんによってバラバラなんです。

 

早い子もいれば遅い子もいて、また多く出る子もいれば少なくてあまりよだれかけ(スタイ)が要らない子もいます。

 

平均的には生後3ヶ月〜生後4ヶ月あたりによだれを出る赤ちゃんが多いみたいですね。

 

離乳食をスタートしたり乳歯が生えてくるころに、さらによだれの量が多くなると言われています。

 

基本的に成長スピードが早い赤ちゃんほど、よだれが出る時期も早い傾向があるみたいです。

 

生後8ヶ月〜9ヶ月ごろには、口周りの筋肉がついてきて唾液を飲み込む事も上手にできるようになってきて、徐々によだれが垂れることは少なくなってくるそうですね。

 

そして、1歳〜2歳ぐらいになると徐々によだれが口から垂れてくることが少なくなってよだれの量が落ち着いてきます。

 

それでも3歳になってもよだれが出る子もいますので、よだれの出る量や時期は個性だと思うと良いかもしれませんね。

赤ちゃんがよだれを出す理由とは?

赤ちゃんは口をきちんと閉じることがまだ出来ません。

 

また、歯もまだ生えていませんので、よだれがすぐに口から出てしまいます。

 

出てきたよだれを飲み込むこともまだ出来ないのもよだれが出ちゃう理由になりますね。

 

私の子は、何かに興味を示した時などにこっと笑いながらよだれをよく垂らしています。

 

赤ちゃんがよだれを出す理由としては、このようなことが主な理由とされています。

 

  • 口の中の湿度を保つ
  • 消化を助ける
  • 粘膜を保護する
  • 悪い菌を殺菌

 

赤ちゃんの体は繊細で色んな悪い菌やウイルスにかかりやすいので、たくさんよだれを出して悪い菌が体に入らないようにしています。

 

赤ちゃんのよだれがたくさん出ていると、「菌と戦っているんだなぁ」と思うと良いかもしれませんね。

赤ちゃんのよだれが臭う!?

「赤ちゃんってなんでこんなによだれ出ていても臭くないんだろう?旦那のなんて臭いのに…」と思っていましたが、なかには赤ちゃんのよだれが臭う子もいたりします。

 

よだれには多少の匂いがついているのですが、それ以外に変な臭いがしてきたら注意した方がよいです。

 

臭いの原因は唾液量の減少になります。

 

通常なら、よだれで口の中のミルクかすや食べ物の残りを洗い流してくれています。

 

しかし、よだれが減ってしまうとその洗浄作用が低下してきます。

 

そのため、口の中で雑菌が繁殖してよだれが臭くなってしまうそうです。

 

大人も朝起きた時やお酒を飲んだ後に口臭がする事がありますよね?

 

赤ちゃんもそれと同じような状態になっているようです。

 

赤ちゃんのよだれの臭いをなくすには、よだれを十分に出してあげることが大事になります。

 

水分をしっかりと取っているか確認してみてください。

 

とくに夏場でたくさん汗をかいたり、暖房によって乾燥したり、病気でおっぱいやミルクをあまり飲まないときはよだれが出にくくなってよだれが臭くなります。

 

こまめに水分補給させることが大事ですね。

 

ウンチが出なくて便秘になっている時も要注意ですね。

 

母乳をあげる間隔の間に、20mlから30mlの白湯を飲ませるようにすると良いですよ。

 

赤ちゃんは自分でのどが渇いたと言えないので、親がしっかりと見て上げて水分補給をしてあげることが大切ですね。

よだれの量が少ないけど大丈夫?

よだれが多いと肌荒れが心配になりますが、逆に少なくても心配になりますよね?

 

とくにおばあちゃん世代の人からしたら「よだれが少ないのは悪い!」と言われることもあったりするそうです。

 

よだれを出さない赤ちゃんは、すでに唾液を上手に飲み込むことができているからかもしれません。

 

しかし、飲み込んでいる様子もなくよだれがあまり出ていないと口の中が乾燥してしまうので、よだれが臭くなったり、消化不十分で下痢になったりしてしまいます。

 

当然個人差があるので元々よだれが少ない子もいますが、今までよくよだれを出していたのがいきなりよだれの量が少なくなったら、赤ちゃんが脱水症状になっている危険性もあります。

 

よだれが出ない、口の中が乾燥している、食欲がない、ぐったりしていないかなど、赤ちゃんの体調を見ながら水分補給をしてあげて、一度病院で診てもらった方が良いかもしれませんね。

よだれの量が多い場合は肌荒れに注意!

よだれが多く出る場合は、まずはこまめによだれを拭き取ってあげることが大切です。

 

もしよだれを放置していると口の周りがべたべたになってしまって、ゴミやウイルスがくっつきやすくなります。

 

また、服も濡れてしまってずっと着ていると身体が冷えて風邪をひいてしまうかもしれません。

 

よだれが原因で肌荒れを起こす赤ちゃんも少なくないです。

 

頻繁によだれが出てくるようになると、何度拭き取ってもキリがないですよね。

 

そんな時に良いのがよだれかけ(スタイ)で、よだれで濡れてもよだれかけだけを変えればいいので楽です。

 

肌に優しいよだれかけなら、ガーゼ代わりに使うこともできます。

 

今は色々と可愛いのよだれかけがたくさん出ています。

 

可愛いのでいっぱい揃えたい気持ちはありますが、家の中で過ごす時には肌に優しい柔らかい素材のものを選ぶといいですよ。

 

私は、おでかけするときにだけディズニーの可愛いスタイを付けたり、友達から出産祝いでもらったよだれかけを付けるようにしています。

 

普段は母が作ってくれたものやオーガニックの柔らかい素材のものを付けるようにしています。

赤ちゃんはよだれで肌荒れになりやすい!

赤ちゃんがよだれでかぶれやすいのは、皮膚が大人よりも薄く乾燥しやすいからになります。

 

わずかな刺激で肌に相当な負荷がかかってしまい、肌が荒れてしまいます。

 

とくによだれは大人よりも消化酵素が強いので、余計にかぶれやすいのです。

 

私の子は、指しゃぶりや拳しゃぶりでとにかく口周りがよだれだらけです・・・

 

生後6ヶ月〜7ヶ月ごろになると、乳歯が生え始めてきてよだれが出やすくなります。

 

よだれによる肌荒れ防止については、こちらの対処法が効いたりしますよ。

 

ぬるま湯でよだれを洗い流す

温水だと必要な皮脂まで取れてしまうことがあるので、ぬるま湯でよだれを洗い流してくださいね。

 

柔らかいコットンで拭き取る

ぬるま湯に浸した柔らかいコットンでそっと顔や首を拭いてあげてください。

 

その後はガーゼで水分を拭き取り、しっかり保湿をしてあげます。

 

私は、お風呂上がりの時は全身に保湿剤を塗っています。

 

なので、今のところは肌トラブルもあまりなく、綺麗なぷるぷるふわふわです。

 

朝はよだれで少し乾燥しているので、朝も顔を拭いてあげて保湿剤を塗るようにしています。

 

塗ってもまたよだれ。塗ってもまだよだれの繰り返しですが、根気良く塗ってあげる事が大切です!

 

保湿でオススメなのは乳液タイプのものになります。

 

参考に、オススメの乳液タイプの保湿剤を紹介します。

 

「和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローション」

 

 

「花王 ビオレu うるおいミルク」

 

 

この2つは全身に使えてべたつきなども少なく、すぐに服を着せれるのでとてもオススメです。

ポンプ式で衛生的なのと値段がリーズナブルなのが良いですね。

 

だた、肌荒れがひどい場合は市販の保湿剤では間に合わないかもしれませんので、そんな時にはドラッグストアの薬剤師さんや医師に相談してみてください。

 

適切な薬を教えてくれると思います。

 

赤ちゃんの肌は3歳までにしっかり保湿や紫外線対策をしていると、大人になっても肌が荒れにくかったり、キメが整っていたりするそうなので、子供の将来の肌はママにかかっていると言っても過言ではないですね。

 

肌がただれていたり、血が出ていたりするぐらい肌荒れがひどい状態のときは、小児科や皮膚科に相談した方が良いです。

 

肌荒れがひどい時はくれぐれも刺激の強い大人の保湿剤は使わないでくださいね。

 

また、病院で処方された薬は必要以上に塗りたくったりせず、適切な指示を受けてきちんと塗ってあげてください。

よだれで泡が立つのは大丈夫?

カニさんみたいに泡をぶくぶくーと吹く時があったりしませんか?

 

たまにですが、私の子も泡を吹いていることがあります。

 

これは何かの病気などではなく、よだれが非常に多い時に起こるそうです。

 

なので、赤ちゃんがご機嫌でおっぱいやミルクを飲む量も普段と変わらないようならば、とくに心配する必要はないです。

 

もう少し月齢が経っていけば、口をわざと尖らせて「ぶーっ」と遊んだりします。

 

こんな時はたくさんよだれが泡と一緒に出てくるので、様子を見ながら頻繁によだれかけ(スタイ)を変えて、肌がかぶれないようにしてあげてくださいね。

いつから口を閉じられるようになるの?

よだれが垂れてくるのは、口が開きっぱなしになっているからという理由もあります。

 

それなら、口を閉じれば何の問題もなくよだれを防ぐことができますよね。

 

赤ちゃんに「お口閉じてねー」と言ったとしても、まだ言葉も理解出来ないので、笛やラッパなどの楽器を使って遊びながら口を閉じるトレーニングをする方法があります。

 

口を上手く閉じないと綺麗に音が出ないので、最初はなかなか上手く出来ないくてもどんどん上達が目に見えるのでママとしても嬉しいですよ。

 

ただ直接口をつけるものになるので、中にたまったよだれは綺麗に荒い流すようにしてくださいね。

 

1人遊びをしながら口のトレーニングができて、しかもママは自由な時間が増えるので一石二鳥です!

よだれでむせたり咳がでる時はどうしたらいい?

授乳中に赤ちゃんがむせて咳がでることもたまにありますよね。

 

とくに寝ている時にむせて咳が出ていると心配になります。

 

寝ている時にむせたり咳が出るのは、生後3ヶ月〜生後4ヶ月の赤ちゃんに多いそうです。

 

この頃はとくに唾液の分泌量が多くなる時期なので、唾液が器官に入る事が多くなってむせてしまうそうです。

 

寝ている時にむせた時の対処法は、睡眠中の姿勢を変えてみることになります。

 

真上を向いていると唾液が器官に入りやすくなってしまうので、頭を横にしたり頭を軽く持ち上げて唾液がスムーズに通るようにすると良いですよ。

 

私のこの場合は向き癖が付いていて右ばっかり向くので、寝ている時にむせることはあまり無かったのですが、頭がちょっと凹んでいるのでそれはそれで心配です(笑)

 

まだ体を上手にコントロール出来ない赤ちゃんがむせてしまうのは当たり前なんだそうです。

 

気温の変化などでも咳が出たりもします。

 

気をつけた方がいいのは、何度も咳を出したり、のどに詰まっているような激しい咳を出している時です。

 

体勢を変えて背中をさすってあげたりしても治らなければ、病院に行った方がいいかもしれませんね。

 

まとめ

  1. よだれが出る時期は個人差はあるが生後3ヶ月〜4ヶ月ごろが目安
  2. よだれは赤ちゃんにとって必要不可欠なもの
  3. よだれの臭いが気になるときはよだれの量が減っているのかも
  4. よだれが少ない時は水分補給を。いきなり少なくなったら病院へ
  5. よだれが多くなったら肌荒れに注意!
  6. よだれにはよだれかけ(スタイ)が便利
  7. 泡立つのはよだれが多いからで心配しなくていい
  8. 笛やラッパで口を閉じるトレーニングが楽しくできる
  9. 仰向けで寝ている時はよだれが器官に入るかもしれないので気をつけて
  10. よだれはこまめに優しく拭き取って保湿をしっかりする

 

初めての赤ちゃんの場合は、よだれの量が多くいのか少ないのかわからないので心配になりますよね。

 

そんな時は悩まずに周りの人に相談したり、病院に気軽に行ってもいいと思います。

 

小児科などに行ったときには他の病気をもらってこないように、帰ってきたらママは手洗いとうがいを、赤ちゃんは手を拭いてあげて水分補給をしてあげてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのよだれかけはいつからいつまで?おしゃれで人気のブランドはどこ?

よだれかけをタオルで簡単手作り!無料の型紙を使った作り方とは!

赤ちゃんのよだれ泡は気にしなくていい?むせる時の対処法はある?

Sponsored Links
Sponsored Links