akachan_asemo1赤ちゃんの肌はCMなどでお馴染みのツルツル肌のイメージが強いのではないでしょうか?

 

生まれた後は、外の世界の環境に適応するために肌荒れを起こしたりもするものなので、アトピーと判断するにはよく症状を観察する必要があります。

 

赤ちゃんの肌荒れを見ると自分の子はアトピーなのかしら、と心配される声を多く聞かれます。

 

今回は赤ちゃんのアトピーの症状の特徴や原因について詳しく紹介していきます。

Sponsored Links

 

赤ちゃんのアトピーはいつから?

よく一か月検診で皮膚トラブルの相談の声を聞きますが、大体の方がアトピーかどうかを心配されているそうです。

 

生まれてすぐ湿疹が出てしまう赤ちゃんもいますが、実際にアトピーかどうかの判別は約4か月以降に診断されます。

 

理由は赤ちゃんの皮膚は乾燥しやすく、また湿疹の種類も様々なものがあるため、経過を見て判断するからです。

 

私の場合も、子供が髪の毛の中までブツブツになってしまい、急いで皮膚科に受診してしまったことがあります。

 

結局、乳児湿疹で数か月で完治しました。

赤ちゃんのアトピーの初期症状とは?

赤ちゃんのカラダにブツブツができたりすると、アトピーかもって不安になりますよね。

 

肌がカサついたり、炎症が起きて赤くなったり・・・

 

私の子の場合は、結局は乳児湿疹だったのですが、ほかにもニキビだったりと見分けるのが難しいです。

 

アトピーの特徴としては、まずは頭や顔から肌がカサついてかゆみが始まります。

 

そして、症状は少しづつ下に下がっていって、耳が切れて血が出たり、ひじ・ひざの関節部分がカサカサになったり、かゆみが出てきます。

 

かゆみが長い間続いていると、肌がジュクジュクになってしまいます。

 

そうなる前に、事前のお肌ケアをしたり、医療機関へ相談したほうが良いですね。

アトピーの症状とは?

アトピーの症状としてどんなものがあるのか、調べてみました。

 

湿疹

湿疹は、赤くジュクジュクしていることもあれば、白っぽく乾燥してカサカサしている場合もあって一貫性がありません。

 

湿疹が今後どのように変化していくか、場所はどこの部位なのかを観察しておくことが重要です。

 

強いかゆみ

乳児湿疹や接触性皮膚炎にも同じような湿疹の症状が出るのですが、アトピーの症状ではかゆみが強いため搔きむしってしまうという違いがあります。

 

赤ちゃんはしゃべることができませんので、掻いた痕や掻いている動作を見つけたら痒い証拠ですので気をつけてください。

 

乾燥

人の肌は何層にも分かれた細胞の集まりで、皮膚は紫外線や細菌などから守るバリア機能になっています。

 

アトピーは皮脂が少なくなっているので、皮膚の表面が乾燥しています。

 

乾燥していることから掻いてしまって、皮膚のバリア機能を傷つける原因となります。

 

「乾燥 → 痒くて搔いてしまう → 皮膚が傷つく」と、負のサイクルになってしまうんですね・・・

 

アトピー症状は、良くなったり悪くなったりと繰り返して慢性的に続くので、4か月以降も長期間にわたって湿疹が続いている場合は、一度医療機関へ相談しても良いかと思います。

 

また、赤ちゃんは大人のように自分で薬を塗ったり、搔かないように我慢したりはできません。

 

そのため、赤ちゃんの皮膚を守るためにもミトンをつけたり、爪を短くしておくことをオススメします。

 

皮膚トラブルはホームケアが大切です!

アトピーになる原因は遺伝や母乳なの?

woman_question1

アトピーは遺伝するものなのか?とよく聞くのですが、遺伝的素因も確かにあるみたいです。

 

しかし、遺伝的素因だけではなく赤ちゃんの環境(環境的素因)にも原因があると言われているので、一概に遺伝したからだとは断定できません。

 

では遺伝的素因とはなんでしょうか?

 

両親のどちらか、または両方にアレルギー体質のDNAが含まれていると、赤ちゃんもその素質を受け継いでいる可能性が高くなります。

 

ここでいうアレルギー体質とは、体内に侵入してきたアレルゲン物質に対して容易に抗体を作ってしまい、過剰にアレルギー反応を起こしてしまうことです。

 

うーん・・・。アレルギーって奥が深くて分かりにくいですよね。

 

まぶたの遺伝を例にあげると、どちらか片方の親が二重まぶたの場合は赤ちゃんも二重まぶたになる可能性が高くて、また両親とも一重まぶたの場合は一重まぶたで産まれる可能性が高くなります。(これも遺伝的素因ですね。)

 

しかし、両親が二重まぶたでも一重まぶたの赤ちゃんが生まれる可能性もあるので、あくまで「可能性が高い」というレベルになります。

 

遺伝的要因の他に、環境的素因というのもあります。

 

環境とは赤ちゃんを取り巻いている「衣・食・住」のことを言います。

 

特に「食」に関しては直接体内に摂取されるので影響を受けやすいのです。

 

赤ちゃんの「食」=「母乳・ミルク」になります。

 

特に母乳はお母さんが食べたもので作られているので、お母さんが偏った食事などでアレルゲンを多く摂取すると母乳内にも同じようにアレルゲン物質が微量ですが含まれることになるのです。

 

赤ちゃんは腸内環境が未熟のため、分解できずに少量のアレルゲン量でもアトピーの原因になってしまいます。

 

腸内環境が成熟するにつれて、アトピーも少し改善することもあります。

 

小さい頃はアトピーで大きくなったら良くなった、という人っていますよね。

 

そして、ミルクだけで栄養をとっている赤ちゃんは、母乳育児の子に対してアレルギー体質の子が少ない統計があるので驚きです!

 

また、除去食といって卵や牛乳などのアレルゲンをお母さんが除去することで、赤ちゃんのアレルギーが改善する場合もあります。

 

しかし、赤ちゃんに湿疹があるからといって自己判断で除去することは、お母さんや赤ちゃんにとっても良くありませんので、医療機関の指導のもとで治療方針を決めることをオススメします。

 

栄養面的にも、むやみやたらに除去することは良くないですからね。

背中にできた湿疹には要注意!

背中は赤ちゃんの顔や腕に比べて、あまり目で見てお肌の状態を確認する機会が少ないと思います。

 

顔や腕にブツブツができて赤くなったりするとすぐに気づくのですが、背中はなかなか確認しづらいですよね・・・

 

赤ちゃんが寝ている布団にいるダニとかで、背中にも湿疹ができてアトピーになる可能性もあります。

 

お風呂上がりとか、赤ちゃんを裸にする時とかに背中がカサついていたり、ブツブツができていないか確認してみてくださいね。

まとめ

  1. 赤ちゃんの湿疹すべてがアトピーではない
  2. 生後約4か月以降も湿疹を繰り返すなら病院へ
  3. アトピーのケアはホームケアが大切
  4. アトピーの原因は遺伝でけでなく環境も影響している
  5. 母乳に関する除去食は自己判断で行わない
  6. 背中の湿疹には要注意!

 

赤ちゃんの湿疹には、様々な疾患があってアトピーとの区別が難しくて悩んでしまいます。

 

湿疹の様子を見るだけではなく、医療機関へ受診するまでの期間は悪化させないように、自宅でミトンや爪を切ってあげるなどのホームケアが大切です。

 

アトピーかどうか迷ったときは、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因や症状!しっかり保湿で予防・対策!

Sponsored Links
Sponsored Links