産まれたての時は寝ていることがメインの赤ちゃんも成長とともに活発になり、ずりばいをするように成長し始めます。

 

手を使って動くずりばいは、ハイハイへ移行するための練習期間のようなものでもあります。

 

市の検診では、赤ちゃんの発達を確認する指標としてハイハイができるかどうか確認することがあり、それに合わせてハイハイができるように練習をさせたほうが良いのかと悩んでしまうママもいるかもしれませんね。

 

今回は、ずりばいについてお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

ずりばいとハイハイの違いとは?

ずりばいは、寝返りができるようになった赤ちゃんは、7~8ヶ月頃になると上半身を持ち上げ手の力のみで前進や後進をします。

 

いわゆる「ほふく前進」のような姿勢で、なんとも可愛らしい姿です。

 

一方ハイハイは、およそ8か月頃を過ぎると、手と膝をついて前進や後進を行うようになります。

 

四つん這いの状態で移動する姿勢になります。

ずりばいからハイハイへの移行

ずりばいはできるのにハイハイをしないのは、上半身を持ち上げる力はあっても下半身はまだ体を支える筋力がついていない状態になります。

 

この場合、徐々にずりばいを行っていくうちに筋力がついていき、ハイハイができるようになっていきます。

 

ずりばいからハイハイまでの移行時間は個人差が大きく、その後のお座りやたっちも個人差が出てくる時期でもあります。

 

わが子の場合は、ずりばいができるようになったと気が付いたあとに比較的早くハイハイをしていたと思います。

検診でハイハイができないと良くないの?

市の検診は、月齢によって確認項目が違ってきます。

 

ハイハイの有無も確認項目のひとつになってはいますが、ハイハイが絶対にできないといけないという決まりはないので心配はいりません。

 

8か月頃になってくると人見知りや緊張でいつもの行動ができないなんてことはよくあることなので、普段の様子を正直に伝えたほうが良いかと思います(*’ω’*)

ハイハイの練習は必要?

ずりばいもハイハイも赤ちゃんの筋力の発達が関係しているので、熱心に練習したからといってすぐにハイハイが出来るようにはなりません。

 

とくに、検診で引っかからないようにと意気込んでしまうと、赤ちゃんもママと楽しく遊べなくなってしまいます(´・ω・`)

 

しかし、発達を促すことは良いことなので、赤ちゃんが楽しめるように遊びや日々のふれあいの中でハイハイの練習を取り入れるようにすると無理なく続けることができます。

 

その場合は、「いつまでにハイハイを行う」という目標は立てないようにしたほうが良いですね(*’ω’*)

ずりばいやハイハイができるようになったら

ずりばいやはいはいができるようになると、動く場所によっては膝をすりむいてしまったりする場合もあります(´・ω・`)

 

赤ちゃん自身は、まだ言葉でママ達に気持ちを伝えることが出来ませんので注意が必要です。

 

とくに暑い時期は薄着になることが多く、膝など肌が露出していることが多いと思いますが、レッグウォーマーなどで膝を守ってあげると、皮膚トラブルを防ぐことができますよ。

 

レッグウォーマーは色んな素材のものがありますので、季節に合わせてレースの物や綿のものなどを選んでみてくださいね(*’ω’*)

 

まとめ

  1. 寝返りを終えるとずりばいやハイハイを覚え始める
  2. ずりばいやハイハイなどができる時期は個人差がある
  3. 検診でずりばいやハイハイが出来なくても特に問題はない
  4. 検診までと期間を決めずに遊びながら発達を促す方が良い
  5. ずりばいやハイハイで肌が荒れないようにレッグウォーマーなどを履くのがオススメ!

 

赤ちゃんが成長していくと、ずりばいやハイハイなど色んなことができるようになってきます。

 

赤ちゃんの成長は個人差があるので、とくに検診ではたくさん赤ちゃんがいて発達の具合が気になってしまうかもしれませんが、比べる必要は全然ありません。

 

検診ではありのままの成長具合を伝えて、そして見守ってくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのずりばいはいつ?後ろに後退するけどOK?簡単な練習方法を伝授!

赤ちゃんがハイハイする前兆や時期はいつから?部屋に柵は必要?安全対策を紹介!

赤ちゃんのつかまり立ちはいつから?転倒防止対策と練習用おもちゃを紹介!

赤ちゃんがお座りしない・できない・遅いのなぜ?オススメのクッションや椅子はある?

赤ちゃんが歩くようになるのが遅いのはなぜ?早い子との違いとは!

赤ちゃんの腕立て伏せはハイハイの練習!脱臼を防ぐにはどうしたらいい?

Sponsored Links
Sponsored Links