妊娠してからお酒やカフェインの摂取に気を使っている方は多いかと思いますが、食べ物も気をつけている方も多いかと思います。

 

今回は妊婦の食事でダメな食べ物について、お伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

妊婦の食事でダメなものとは?

妊娠すると食べたものが自分の身体だけでなく、おなかの中にいる赤ちゃんにも影響します

 

なので、妊娠中の食べ物は注意しておきたいところですね。

 

妊娠中の食事でとくに気をつけたい食べ物を紹介します。

 

生肉や生ハムなどの加熱不十分な肉

生肉にはトキソプラズマというとても小さな寄生虫がいたりします。

この寄生虫に感染してしまうと、産まれてくる赤ちゃんに脳性麻痺や髄膜炎、低体重児になる場合があって、最悪の場合は流産や死産に至ってしまう可能性があります。

 

生卵

生卵にはサルモネラ菌という細菌がいて、妊娠中に感染しやすい菌のひとつでもあります。

サルモネラ菌によって食中毒に感染してしまうと、激しい腹痛や吐き気、発熱、下痢などを引き起こしてしまいます。

直接的に胎児に影響はありませんが、ママが脱水症状になったり食事がとれなかったり、子宮収縮が起きることがあります。

とくに妊娠期間中の食事は赤ちゃんにとって器官を形成する大事な時期ですので気をつけてくださいね☆

 

海外性のナチュラルチーズ

ナチュラルチーズにはリステリア菌という菌が含まれていて、感染すると倦怠感が出て風邪やインフルエンザになったり、重症化すると髄膜炎を引き起こす可能性があります。

赤ちゃんは早産、流産、死産の確率があがってしまい、無事に産まれても新生児髄膜炎や新生児敗血症の原因になることもあります。

ちなみに国内製のナチュラルチーズは全て加熱殺菌されているので安心と言われています。

 

生魚

マグロや金目鯛などの大型魚にはメチル水銀が多く含まれています。

このような魚を食べ過ぎると、赤ちゃんの運動機能や知能の発達に悪影響を与えると言われています。

また、食中毒の可能性もあるのでなるべく避けたいところですね。

 

ウコン、シナモン、バジル、ターメリック、アロエなど

ウコンなどの香辛料やアロエは身体に良いものとされていますが、摂りすぎてしまうと子宮収縮の恐れがあります。

アロエについては、ヨーグルトなどに入っているアロエは加工されているので問題ありませんが、加工されていないものやアロエの薬には注意が必要です。

子宮収縮が原因で切迫早産や切迫流産になりかねませんからね。

 

 

妊娠していないときは普通に食べていたものでも、妊娠中は細菌やウイスルに感染しやすかったり重症化しやすかったりします。

 

また、上記であげた食べ物を食べたからといって必ずしも症状がでるわけではありませんが、食べ過ぎには注意が必要ですので気をつけてくださいね☆

積極的に摂っていきたい栄養素

では、反対に積極的に摂取していきたい食べ物について、お伝えしていきたいと思います。

 

よく”妊娠中は赤ちゃんの分まで食べないとダメよ!”なんて言われたりもします。

 

もちろん食べ過ぎはよくありませんが、なるべくバランスよく自分にも赤ちゃんにも必要な栄養素を摂っていきたいですね!

 

カルシウム

カルシウムは赤ちゃんの骨格を作るのに必要な栄養素です。

カルシウムが足りなくなるとママの身体からカルシウムが奪われていき、骨粗鬆症や妊娠高血圧症になる可能性があります。

カルシウムは牛乳などの乳製品の他にも大豆製品、海藻類に多く含まれています。

 

葉酸

葉酸は赤ちゃんの細胞を作るのに欠かせない栄養素です。

また、赤ちゃんの神経障害や流産のリスクが減るというデータもあります。

葉酸はブロッコリー、アボガド、ほうれん草の野菜の他にイチゴやキウイなどのフルーツにも含まれています。

 

食物繊維

食物繊維は、妊娠中に起こりやすい便秘の解消にとても役立つ栄養素です。

便秘になると痔の原因になったり、出産する際に微弱陣痛になりやすいそうです。

食物繊維はさつま芋、ごぼう、玄米に多く含まれています。

 

 

カルシウムや葉酸はよく妊婦向さん向けのサプリメントなんかも販売されていますので、食事だけでは補えない!なんてときには使用しても良いかと思います。

 

私が妊婦だった時は妊娠初期のつわりがとてもひどく、食べられるものが限られていたので葉酸のサプリメントを摂取していました。

 

サプリメントだけに頼るのはダメかもしれませんが、補助として手軽に利用するものアリかと思います☆

寿司や魚、梨、チョコはNGなの?

まずは寿司と魚から紹介していきたいと思います!

 

結論から言うと絶対に食べてはダメということではありません!

 

前述したようにマグロや金目鯛などの大型魚には水銀が多く含まれているのでなるべく避けたいですが、アジやイワシなどの青魚や加熱してあるもの、卵や穴子、カッパ巻きやかんぴょう巻きももちろん食べても大丈夫です!

 

大型魚だけに気をつけていれば、意外と安心して食べられる物が多いですね♪

 

魚についても寿司と同じです。

 

魚には早産予防に効果があるDHAや身体を形成するタンパク質、骨や歯をつくるカルシウムが多く含まれていますので、積極的に摂取していきたいですね。

 

いずれにせよなるべく新鮮な物を食べるようにしてくださいね☆

 

そして、寿司についてくるガリやわさび、しそには殺菌効果がありますので、寿司と一緒に食べると食中毒予防ができますよ!

 

次にについてはどうでしょう?

 

“梨を食べるとお乳に虫が湧いて母乳によくない”などと言い伝えがあるみたいですが、それは迷信です!

 

梨には便秘解消や高血圧予防、疲労回復の効果がありますので積極的に食べたいですね。

 

しかし、梨には身体を冷やす効果もありますので食べ過ぎには注意です。

 

多くても一日に2個までを目安にしてくださいね!

 

最後はチョコレートについてです。

 

チョコレートにもカフェインが含まれています。

 

含有量としてはミルクチョコレート1枚約50gでコーヒー1杯の約6分の1程度ですので、一度に食べ過ぎなければ食べても大丈夫かと思います。

 

また、チョコレートに入っているカカオには食物繊維が含まれているので便秘解消に効果があったり、ポリフェノールには抗酸化作用があります。

 

しかし、チョコレートには糖分や油分が多いので妊娠糖尿病や体重の増加には注意が必要ですので、気をつけてくださいね☆。


まとめ

  1. 加熱不十分な肉や生卵、チーズ、生魚、香辛料、アロエなどには気をつける
  2. カルシウムや葉酸、食物繊維は積極的に摂る
  3. 寿司や魚は大型魚に気をつけて、青魚や火の通っているものなら食べても安心!
  4. 梨は便秘解消、高血圧予防、疲労回復に効果あり!
  5. チョコレートには食物繊維やポリフェノールが含まれているので便秘解消や抗酸化作用があるが、食べ過ぎには注意

 

妊娠中はストレスがかかることも多いので、気が沈んでしまうこともあると思います。

 

そんななかで食事を制限しすぎてしまうと、もっとストレスに感じてしまいます……

 

私は寿司が大好きで妊娠中もよく食べていました。

 

マグロなどの大型魚はなるべく避けてましたが、「なるべく」程度でした(笑)

 

絶対に食べてはいけないものはダメですが、チョコレートなど食べ過ぎに注意すればよい食べ物なら、適量を注意すれば食べても良いかなと私は思います。

 

ストレスでノイローゼになるよりかはマシかなぁと思いますので、そんな時は先生や友達に相談したりしてストレスを抱え込まないようにしてくださいね☆

 

今回はここまでとなります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

妊娠したら葉酸サプリはいつからいつまで飲む?効果や取り過ぎは危険?!

つわりの食べ物の好みと性別/血液型は関係ない?見分け方はあるの?

つわりが軽減する食べ物や飲み物とは!足ツボマッサージは流産しやすいの?

Sponsored Links
Sponsored Links