新生児の頃は手足が動いていても移動できませんが、ズリバイやハイハイが始まると一気に行動範囲が広がってきます。

 

とても嬉しいわが子の成長ですが、ちょっと目を離した隙に「あぶない!」ってことも・・・

 

大人にはなんでもない段差も、赤ちゃんにとっては危険な場所になります。

 

このような危険な場所は、赤ちゃん用の柵(ベビーゲート)を設置したりして対処している方も多いです。

 

今回は、テレビや階段、ベットなど危険な場所に設置する赤ちゃん用の柵について紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃん用の柵はいつから必要?

寝返りが始まる4か月頃から、赤ちゃんの周りに危険なものや場所がないか注意したほうが良いです。

 

まわりのものに興味津々の時期は、寝返りでも部屋の中を移動しています。

 

とくに多いのが、ベットからの転落(´・ω・`)

 

動かないと思って柵をしていなかったら、ベビーベットから落ちそうになってヒヤっとした。という経験をする方が多いようですね。

 

赤ちゃんと一緒のベットに寝ている場合も多いのですが、できるだけ柵のあるベビーベットの方が安全性は高いです。

 

そして、ズリバイやハイハイができるようになるとテーブルやテレビ台などにつかまり立ちをしますので、早めにテレビや階段などといった危険な場所には赤ちゃん用の柵を設置するなどの安全対策を行ったほうが良いですよ。

赤ちゃんにとって危険な場所

赤ちゃん用の柵を設置しておいたほうが良い場所を挙げてみました。

 

テレビ周辺

赤ちゃんがテレビを触って倒してしまう可能性があります。

 

テレビは重いので、下敷きになったりすると大変です。

 

また、テレビ台には鋭利な角が多いので、赤ちゃん用の柵があると安全です。

 

柵を設置するのが難しい方は、テレビ台のほかにテーブルなどにコーナークッションを付けておいたほうが良いですよ。

 

 

キッチン

キッチンには調味料や皿、調理器具などが引き出しに入っています。

 

火を使う場所でもあるので、赤ちゃんのうちから柵を設置してキッチンへは入れないようにしておきます。

 

階段

移動範囲が広くなってくると、階段も登れてしまいます。

 

しかし、バランスを崩して万が一落ちてしまうと大けがになってしまうので、階段を通れないように柵を設置したほうが安心です。

 

ベット

ベビーベットであれば柵があるので安全ですが、大人用のベットで一緒に寝ていると赤ちゃんが寝ぼけて落ちてしまう危険性があります。

 

寝返りができる頃には、大人用のベットに簡易式のベット柵を設置したほうが安心です。

 

しかし、ベット柵にも隙間が開いてしまうこともあるため完全に安全とは言えません。

オススメの赤ちゃん用の柵を紹介

階段やテレビ周辺、ベットなどに近づけなくする危険防止柵が赤ちゃんグッズとして販売されていますので、私がオススメする商品を紹介します。

【日本育児】 ちょっとおくだけ とおせんぼ

持ち運びができて設置場所を選ばないところが便利ですね。

 

【カトージ】オートバックウッドベビーゲート

階段やキッチンの出入り口などの通路にオススメな固定式のベビーゲートです。

 

扉が自動で閉めてくれるので、うっかり閉め忘れたときも安心です。

 

【日本育児】キッズパーテーション

テレビ周りやストーブなど触ってほしくない周囲に設置できるフェンスです。

 

軽くてずれてしまうという口コミがありますが、走れるようになるまでは全然大丈夫です。

 

【日本育児】ベットフェンス

大人用ベットに子供が寝ていてもフェンスがあるため転倒防止になる商品です。

 

100均グッズで赤ちゃん用の柵を手作り!

赤ちゃん用の柵を使う期間は1~2年程度なので、値段が高いのでちょっと・・・と感じることもあります。

 

そういうときは、100均グッズを使って簡易的な赤ちゃん用の柵を作ることが出来ます。

 

用意するもの

  • 突っ張り棒2本(設置したい場所の幅に合わせたもの)
  • ワイヤーネット(幅の長さ分を購入)
  • 結束バンド数本

 

作り方

突っ張り棒を設置したい場所に上下に取り付ける

 

突っ張り棒にワイヤーネットを縦にして、突っ張り棒で挟むように結束バンドでとめる

 

ワイヤーネットは縦幅が60cm以上ないと柵の役割があまり果たせないので、購入時は高さも考えて購入してくださいね。

 

手作りの柵は簡易的なものになりますが、キッチンやベランダの出口、通路などには十分使えますので、ぜひ手作りしてみてください☆

 

まとめ

  1. 赤ちゃんが寝返りできるようになると赤ちゃん用の柵が必要になってくる
  2. 赤ちゃん用の専用柵で危険防止
  3. 100均で赤ちゃん用の柵を手作りしてみるのもアリ

 

赤ちゃん用の柵は、階段やキッチンなど危険な場所に設置することで事故を未然に防ぐことが出来ます。

 

大人には何でもない場所も赤ちゃんにとっては興味が湧いて危険だったりもしますので、赤ちゃんの目線になって危険な場所はないか確認してみてくださいね。

 

赤ちゃんが寝返りするようになったら、早めに準備をしておくと安心ですよ(*’ω’*)

 

今回はここまでになります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのつかまり立ちはいつから?転倒防止対策と練習用おもちゃを紹介!

赤ちゃんがハイハイする前兆や時期はいつから?部屋に柵は必要?安全対策を紹介!

ベビーベッドは必要?寝ない時や添い寝したい時はどうするの?

Sponsored Links
Sponsored Links