大型連休や年末年始が近付くと「旅行に行きたいなぁ」って思いませんか?

 

可愛い赤ちゃんも生まれて、今までとは違った旅行が出来るはず!…と思っても、赤ちゃん連れの旅行は初めてのことだらけで、ちょっと怖いですよね。

 

でも、心配はいりません!

 

今回は、赤ちゃんとの旅行はいつからできるのか、おすすめのホテルや宿、グッズを紹介しちゃいます♪

Sponsored Links

 

まずは外に慣れることから始める

588058

1ヶ月健診を行なうまでは、赤ちゃんもママの体調もとても旅行どころではないですよね 汗

 

「どちらも良好」と健診で言われてから、少しずつ普通の生活に戻していってください。

 

里帰り出産された方も、この1ヶ月健診後を目安に体調をみながら自宅へ戻ると良いですね。

 

旅行の計画も楽しみですが、まずは近くの公園や緑道などで、赤ちゃんをちょっとずつ外に慣れさせてからにしてあげてくださいね。

 

赤ちゃんもいきなり外の世界に出てびっくりしちゃいますからね。

赤ちゃんとの旅行はいつからがいい?

248754

では、赤ちゃんとの本格的な旅行はいつからがいいのでしょうか?

 

何月生まれかによって変わってきますが、月齢は4~5ヶ月頃からで気候が落ち着いている春や秋がおすすめです。

 

4~5ヶ月なら、一般的に首も座って、授乳などの生活リズムが整い始める頃なんですよね。

 

そしてなぜ春や秋かというと、3ヶ月頃からママからもらった抗体もなくなってくるので、冬場は感染症にかかりやすくなります。

 

人ごみに出て、風邪をもらいたくないですよね 涙

 

赤ちゃんの体調や様子をみながら、早めの帰宅をするなど、無理のないプランを立ててくださいね♪

旅行時の交通手段はどれが良い?

da7efe2f9e4989132fbf7ab14631198f_s

移動はどれにしよう?と悩んじゃいますよね。

 

先輩ママたちはどうしているんでしょうか。少し調べてみました。

 

車は、赤ちゃんがぐずっても他の人の目を気にせずいられるので、一番気楽、という方が多いようです。

 

でも、大人も長時間車内にいると疲れちゃいますよね。

 

車で旅行に行くときは、こまめにインターチェンなどで休憩を取ってあげるのが良いですね。

 

新幹線を利用する場合は、ぐずった時にすぐデッキに出られるように、デッキに近い席を予約する人が多いそうです。

 

泣いて大きな声を出されてしまうと周りの目が気になりますよね。

 

飛行機の場合は、シートベルトを着用しないといけない時もあるので、思うようにデッキに出られませんよね。

 

なので、赤ちゃんが寝てしまう遅い時間の便を予約したり、搭乗前にオムツ交換と授乳をして寝させる人が多いんです。

 

これなら、赤ちゃんがぐずって泣いてしまう、という不安が軽減されますね(^^)

 

それと、後方の席を予約すると、後ろを気にせずゆっくり搭乗できるというメリットがあるんですよ♪

 

バシネットを利用できたり、オムツ交換台のあるなしなど、機体によってサービスが異なるので、乗る飛行機やCAさんに事前に確認してくださいね。

赤ちゃんとの旅行で必要な持ち物リスト!

赤ちゃんと旅行す時は何を持っていけばいいの?とあれこれ荷物を詰め込んだら、鞄がパンパンに・・・

 

これでは移動するにも一苦労ですよね。

 

旅行する際は、持ち物を整理して、以下の物を持っておくと安心です♪

 

1.健康保険証・乳児医療証、母子手帳

慣れない場所で赤ちゃんが体調を崩してしまうかもしれません。

 

2.体温計、熱さまシート

急な発熱に対応することができます。

 

3.宿泊施設付近の小児科や病院のメモ

ホテルのフロントに聞くと教えてくれる場合もありますが、自分で調べておくと安心です。

 

4.ビニール袋

100均で売っている箱ごと持っていけば安心ですね。

 

5.バスタオルor薄手のひざ掛け

オムツ交換台で敷いたり、寒い時はくるむことができます。

 

6.授乳ケープ

完全母乳のママは必須ですね。

 

7.使い慣れたベビーカー、抱っこひも

ここ最近は公共機関でのベビーカーの取り扱いに厳しい意見もありますので、場所によって使い分けると安心ですね。

 

あとは、離乳食であったり、近場にお出かけする時の用意で大丈夫です!

 

もし足りなくなってしまったら、薬局やコンビニなどで調達するくらいの気持ちでいるのも良いですね(^^)

人気のおすすめホテル・宿を紹介!

赤ちゃん連れでも安心なプランがある宿泊施設も、一昔前に比べてぐーんと増えました!

 

その中から、少し関東寄りになってしまいますが、いくつか人気があってオススメのホテル・宿を紹介したいと思います。

 

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳(山梨県)

旅行デビューの赤ちゃんに優しいプランやサービスが満載!

離乳食メニューも充実しています。

 

 

秀花園 湯の花膳(静岡県)

赤ちゃんがいるファミリーのためのプランがあります。

救急病院にも対応していて、赤ちゃんにもし何かあっても安心ですね。

 

 

青巒荘(神奈川県)

必要な赤ちゃんグッズ一式が無料で常備されています。

お風呂グッズの湯温計まであります!

 

 

その他に、「ウェルカムベビーのお宿」というミキハウス子育て総研認定という宿泊プランがあって、全国の施設を検索することができます。一度見てみてくださいね♪

「ウェルカムベビーのお宿」についてはこちら

 

赤ちゃんプランがない宿泊施設でも、赤ちゃんがいることを伝えると、禁煙室などの配慮をしてくれるところもあるので、電話で伝えてみると良いですね(^^)

まとめ

  1. 旅行は首が座って生活リズムが整う4~5ヶ月くらいから
  2. 移動手段は後方の座席や車を上手に使って♪
  3. 必須アイテムの母子手帳と健康保険証は忘れずに!
  4. 宿泊施設は赤ちゃん専用プランがある施設を選ぼう!

 

赤ちゃんとの初めての旅行は色々心配なこともありますが、それ以上に楽しみがいっぱいです!

 

自宅からの距離や現地での移動手段など配慮して、素敵な思い出を作ってくださいね(^^)

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんと温泉旅行はいつから?おすすめの泉質や入る時の注意点とは!

赤ちゃんとの温泉旅行におすすめの温泉宿を紹介!関東/東海/関西/九州

赤ちゃんの電車デビューはいつから?泣かれた時に使える効果的な対処法とは!

ベビーカーで迷惑にならない電車の乗り方・マナー!抱っこ紐もあると便利!

赤ちゃんを抱っこして車に乗せたら違反?違反にならない時とは?

車に赤ちゃんステッカーを貼る本当の意味!吸盤タイプのマイメロステッカーが可愛い!

赤ちゃんと車で長距離移動中の抱っこは危険!チャイルドシートで泣く時の対策とは!

赤ちゃんと飛行機でいつから海外に行ける?持ち物/耳抜き/座席選び

飛行機に離乳食の持ち込みは可能なの?温められるってホント?!

飛行機内にベビーカーは持ち込みできる?手荷物なら別料金がかかるの?

Sponsored Links
Sponsored Links