赤ちゃんを授かったのはとても嬉しいことですが、常に気持ち悪さとの戦いであるつわりはとても辛いものですよね。

 

つわりは妊娠初期に妊婦さんの5~8割が体験すると言われています。

 

一般的にはいつも吐き気や気持ち悪さに悩まされる吐きづわりが有名ですが、空腹を感じた時や何も口にしていない時に吐き気を催してしまう「食べづわり」もなかなか厄介な症状です。

 

実は私も吐きづわりに随分と悩まされたのですが、ずーっと朝から晩まで何か食べたくてたまりませんでした。

 

少しでもお腹が空くと同時に気持ち悪さがやってきて、慌てて何か口にしてたような・・・

 

かと言って、食べ過ぎればいくら妊娠中とはいえ太ってしまう・・・

 

出産や産後の体型戻しのことを思うと、なるべく太りたくないと思ってしまいますよね。

 

そんな悩みに立ち向かうべく、上手い食べづわりとの付き合い方を紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

食事の回数を増やしてみよう!

朝食・昼食・夕食。1日3回の食事だと、どうしても合間に空腹の時間がやってきます・・・

 

そんな時は思い切って食事の回数を増やしてみてください。

 

ちょこちょこ食べて空腹の時間を短くすると、血糖値やインスリンの上昇を抑えられるので、結果的に太りにくい食べ方になります。

一回の食事で食べる量を少なめにする

とはいえ回数を増やして、毎食ごとに1食分の食事量を食べていたら太っちゃういます・・・

 

3食分の食事を5~6回に分けるイメージで食事をしていきます。

 

「いちいち何回も食事の用意をするのが面倒」という方は、おかずとご飯だけを分けて食べるのもアリです。

 

自分のためだけに洗い物をしたくない、面倒くさがりな私はそうしていました(笑)

 

空腹を感じた時にすぐ食べられるように、事前にご飯やおかずを小分けにして冷蔵保存しておくのもオススメです☆

間食はなるべくローカロリーなものを

間食にはなるべくカロリーの低いものを選ぶようにします。

 

不要なカロリー摂取を抑えることで、食べづわりによる体重増加を防げます。

 

私はゼロカロリーゼリーやこんにゃくゼリー、シャーベットなどのローカロリーなデザートや、きゅうりやミニトマトなどの野菜はパクパク食べられました。

すぐ食べられるものを用意しておく

ガムやキャンディー、小分け包装されたお菓子を常備しておきます。

 

これならお腹が空いた時にすぐに口に入れれますし、あまりかさばらないので持ち歩いて出先で空腹を感じた時にもすかさず空腹を紛らわすことができます。

 

口をさっぱりさせて嫌な不快感を軽減してくれるミント系のガムやキャンディーがオススメです。

 

とくに寝起きは不快感や吐き気を催すことが多いので、ベッドの近くに何か口にできるものを置いておくと良いですよ☆

飲み物はなるべく水やお茶にする

意外とバカにできないのが、炭酸飲料やジュースなどのカロリーです。

 

飲み物はなるべく水やお茶を飲むようにします。

 

どうしても甘い飲み物が飲みたくなったら、なるべくカロリーの低いものを選んで。ゼロカロリーの炭酸飲料などを飲んだりします。

 

口の中が気持ち悪い時には、炭酸水もオススメです☆

 

私もよくレモン風味の炭酸水をよく飲んでいました。

冷たい食べ物に要注意!

つわりの間は、冷たいものばかり口にしてしまう・・・という方が多いです。

 

私も、冷やご飯にふりかけかけて食べてました・・・

 

でもあまり冷たいものを食べたり飲んだりすると、胃に負担がかかってしまい、さらに吐き気を催してしまう場合もあります。

 

食べられそうなら、身体を温めるものも口にしてみてくださいね。

虫歯に気を付けて!

食事の回数を増やしてしまうと、口の中が酸性状態になっている時間が長くなってしまい、虫歯になりやすいと言われています。

 

通常は唾液が時間をかけて口の中を中和していくそうです。

 

つわりがつらくて歯を磨くのもしんどい時は、リステリンなどのうがい薬を活用したり、デンタルフロスだけでもかけるなどして、なるべく口内を清潔にしておくことができると、虫歯を防ぐことができます。

 

「それも無理!」な時は。緑茶うがいがオススメです。

 

緑茶に含まれるカテキンが良いみたいですね。

 

づわりではありませんが、ヘルペスで口中が染みて痛くて歯磨きがしにくいときも、緑茶うがいで代用していました。

吐きづわりと食べづわり両方に悩まされる人もいる

気持ち悪くて何も食べられない時期、何かしら食べていないと吐き気に襲われる時期、吐きづわりと食べづわりが交互にやってくる人もいます。

 

そんな時は今まで書いてきたことはぜーんぶ忘れてください!

 

とにかく何でもいいので、飲み物や食べ物を口にしてください。

 

何日も食べられない状態が続いたり、水分補給ができなくて脱水症状になると、妊娠悪阻(おそ)になる危険もありますので、注意が必要です。

 

まとめ

  1. 食事の回数を増やす
  2. 1食分の量は少なめにする
  3. 間食はローカロリーなものを
  4. アメやガムなどすぐ食べられるものを用意しておく
  5. 清涼飲料に要注意
  6. 冷たいものはほどほどに
  7. 虫歯に気を付けて

 

辛くてもつわりは一時的なもので、一般的には8~12週でピークを迎え、20週頃にはほとんどの人が落ち着いてきます。

 

お腹の中で赤ちゃんが順調にすくすく育つように、母親としての体に順調に変化している証です。

 

決して無理をせず、頼れる人に頼って甘えて、なるべくストレスを感じないようにゆったり過ごしてくださいね。

 

妊娠中は少なからず体重が増えていくものですし、太るのが嫌だからと気持ち悪いのを無理に我慢したり必要な栄養まで摂らなくなってしまっては、お腹の赤ちゃんにも悪影響です。

 

体重管理な出来る範囲でしていき、ダイエットは産後に頑張ろう!と割り切って、あまり神経質になり過ぎないのが、案外一番の体重UPの防止かもしれません(^^)

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

つわりでつらい時は仕事は休む?ピークを軽減する方法や薬はある?

妊娠初期のつわりはいつから?しない人はなぜ?ピークや症状について!

つわりが夜にひどくなる原因は何?吐き気/ムカムカで眠れない時の対策とは!

妊娠線を消すには傷跡炭酸が効果アリ!いつから真ん中に縦線できるの?

つわりで入院する基準や目安は何?入院費用は医療保険が適用される?

妊娠初期の便秘がひどくていきむ/気張ると出血!?流産の心配はある??

つわりに漢方は効果ある?飲み方で効かない場合も!効き目/副作用とは!

つわりの症状で胃痛と胃もたれがひどい!原因・解消法はあるの?

つわりの症状で頭痛とめまいがひどい!原因・解消法はあるの?

つわりが軽減する食べ物や飲み物とは!足ツボマッサージは流産しやすいの?

吐きつわりから食べつわりに変化することもある?ピークはいつまで?

つわりのげっぷが吐き気もして苦しい!楽になる出し方やツボを紹介!

Sponsored Links
Sponsored Links