赤ちゃんが生まれて、最初の大きなイベントといえばお宮参りですよね!

 

お宮参りはだいたい生後1か月の頃とは聞きますが、そのころであればいつでもいいの?と疑問も出てきます。

 

今回は、お宮参りの時期についてお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

お宮参りをいつするか計算してみる

「お宮参り」とは、赤ちゃんが産まれたことをを神様に報告して、健やかな成長を祈る儀式になります。

 

昔はそれぞれの地域や風習にならってしっかりと行われていたようですが、今では「だいたい」で済ませている方のほうが多いのではないかと思います。

 

厳密にいうと、お宮参りは男の子が「生後31日目」で、女の子が「生後32日目」に行います。

 

生まれた日を生後1日目として数えていきます。

 

お宮参りやお食い初めをする日がいつなのかを計算してくれるサイトがありますので、こちらを参考にすると、すぐに日にちがわかりますよ☆

 

赤ちゃんの月齢計算サイトはこちら

 

こういったものを活用してカレンダーに記入しておけば、日程を忘れずにすみますね。

お宮参りはいつまでに行えばいいの?

地域によってはお宮参りを行う日はさまざまで、生後30日~32日のいずれかであったり、100日目に行うといったところもあります。

 

お宮参りは赤ちゃんの誕生を神様に報告する儀式なので、生後100日までに行うと良いと言われています。

 

地域の風習に従うのであれば、親御さんに聞いてみてから日取りを決めた方が良いかもしれないですね。

 

または、お参りする神社に直接電話で聞いてみるのも良いかと思います。

お宮参りをする時期にも注意!

厳密に「30日後」「31日後」などと考えていると、その日の天気とかも気になってきますよね。

 

夏であれば猛暑日や台風などの悪天候な日は避けたいし、冬であれば大雪の日は避けたいところです。

 

まずは赤ちゃんやママの体調が一番なので、体調が落ち着いてきたころにお宮参りをする日を考えてみても良いと思います。

 

ものすごく暑い日や寒い日、雨などで外に出るのが大変な日に無理してしまうと、体調を崩してしまうかもしれません。

 

せっかくの赤ちゃんの初イベントなので、いい思い出にしたいですよね。

 

私も、「そろそろ1か月だし予定決めなきゃなぁ」ぐらいの感覚でした(笑)

 

1か月検診が終わってから両親の都合が合う日で天気の良い日を選んだので、生後何日ということはあまり考えていませんでした。

 

けっこう適当でも良いと思いますよ☆

まとめ

  1. お宮参りは赤ちゃんの誕生を神様に報告する儀式
  2. お宮参りをする日は厳密に数えると男の子が生後31日目で女の子が生後32日目
  3. 赤ちゃんやママの体調面も考慮して日取りを決める

 

お宮参りは赤ちゃんの初イベント!

 

家族みんなが笑顔で行えるのが一番ですね!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

お宮参りの初穂料って何?正しい封筒/のし袋の書き方とは!

お宮参りのお金は誰が払う?食事代の支払いで悩むなら自宅が一番!

お宮参りの写真撮影代は総額いくら?相場はどのぐらいなの?

お宮参りの赤ちゃん/ママ/祖母の服装まとめ!似合う髪型も紹介!

お宮参りの着物はレンタル衣装が安い!上手な着せ方も紹介!

Sponsored Links
Sponsored Links