保育園に子供を預けて仕事復帰したり、新しく働きに出ようと考えているママはたくさんいるかと思います。

 

保育園によっては「紙おむつは使用禁止!布おむつのみ!」としている保育園も意外と多くあります。

 

「今時、布おむつ?」

「ただでさえ保育園の荷物が多いのに……」

「洗濯物が増える!」

 

なんて考えてしまいますよね。

 

今回は、布おむつについて、色々とお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

布おむつのメリットとデメリット

布おむつは赤ちゃんにとって良いものとイメージはなんとなくありますが、洗濯とかが面倒というイメージもあります。

 

まずは、布おむつのメリット。デメリットについて調べてみました。

 

<メリット>

  • こまめにおむつを交換するので赤ちゃんとのスキンシップが増える
  • 初期費用はかかるがとても経済的
  • 肌に優しい
  • ゴミが出ない
  • おむつ外れが早い子が多い

 

メリットがこれだけあると、”布おむつも良いかも?”と思いますよね。

 

紙おむつはいつの間にか無くなってしまうので、しょっちゅう買いに走らないといけないし(しかも値段が高い!)、ゴミ箱もいつもパンパンです……

 

でも、もちろんデメリットもあります。

 

<デメリット>

  • おむつ交換の回数が多い
  • 洗濯の手間が増える
  • 荷物が多くなる

 

とくに働き出すママにとっては、なかなか辛いデメリットになりますので、ここを乗り越えなくてはいけません。

保育園が布おむつを選ぶ理由

保育園が布おむつを選ぶ理由としては「ゴミの問題」が挙げられます。

 

保育園といえども、ゴミの回収は一般家庭と同じ頻度になります。

 

となると、自然とゴミの量が膨大になってしまいます。

 

量が多くなると、それだけ臭いがものすごいことになりそうなのは簡単に想像できます。

 

他にも、「子供の様子を知ってほしい」という気持ちもあるようです。

 

仕事で忙しいのは分かるのですが、布おむつを交換したり、洗濯したりすることで「今日はたくさん出たんだなあ」「お腹の調子が悪かったのかな?」など、赤ちゃんの様子を知る手がかりとなります。

布おむつの必要枚数

布おむつの枚数は赤ちゃんのトイレの回数にもよりますが、大体1日で5~7枚は保育園でおむつ交換があります。

 

洗濯をして乾かすことや予備を考えると、15~20枚あると安心できますね。

 

また、布おむつにはおむつカバーが必要になります。

 

カバーをしないと、そのまま床がおしっこで濡れてしまいますからね(^^;)

 

おむつカバーは2枚ほど保育園に持っていく必要があるので、4~5枚は用意しておきたいですね。

布おむつの洗濯方法

保育園で使った布おむつは、家に持ち帰って洗濯することになります。

 

おしっこやうんちで汚れていますが、だいたいの保育園では保育士さんが簡単に洗ってくれます。

 

もしそのまんまの合は、出来るだけ早く汚れを落としたほうが良いですね。

 

遅くなればなるほど、シミや臭いが落ちにくくなってしまいますからね。

 

その後、布おむつを洗剤を入れたバケツにつけ込んで、一晩置いておき、翌日に洗濯機で洗えば終了です。

 

シミが気になる場合は、漂白剤を一緒にバケツに入れてしまえば大丈夫です。

 

少し手間がかかりますが、慣れればそんなに時間をとられることはないかと思います。

 

 

まとめ

  1. 布おむつは赤ちゃんにとってメリットが多い
  2. 保育園が布おむつを選ぶ理由としてゴミの問題が挙げられる
  3. 布おむつを通して子供の様子を知ることができる
  4. 布おむつは15~20枚、おむつカバーは4~5枚は最低用意しておきたい
  5. 布おむつは一晩つけ置きすることで洗濯が楽になる

 

保育園としてもゴミの問題など、色々と問題があるんですね。

 

保育士さんにとっても、布おむつだとしっかり赤ちゃんを頻繁におむつを交換しないといけないので、なかなか大変です。

 

布おむつを洗うという作業もありますからね。

 

保育園に通うことになって布おむつになるのは大変だと思いますが、メリットもたくさんありますので前向きに思ってもらえればと思います☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

布おむつが紙おむつより良い点とは!洗剤で上手に洗うコツを紹介!

布おむつの洗濯が簡単にできる洗い方!洗剤や重曹の量に注意!

布おむつを手縫いで簡単手作り!生地やさらしはどんなものがいい?

Sponsored Links
Sponsored Links