長い休暇を取って家族みんなで旅行に行こう!となった時、飛行機に乗って旅行することもあるかと思います。

 

大人は機内食をいただけますが、赤ちゃんでまだ離乳食しか食べられない子どもの食事はどうしたらいいのでしょうか?

 

今回は、飛行機に離乳食の持ち込みはできるのかについて、紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

飛行機に離乳食の持ち込みは可能なの?

ほとんどの航空会社で、離乳食の持ち込みは可能のようです。

 

冷凍した離乳食を持って行っても、電子レンジで温めてもらうことも出来ます。

 

赤ちゃんの座席を予約しなくても、事前に予約していれば機内食として離乳食を無料で出してもらえる航空会社もあります。

 

赤ちゃんがおなかがすいて泣いても、なんとか対応できそうですね!

国際線と国内線で違いはある?

国内線であれば、レトルトタイプや瓶づめの離乳食や果物でも問題なく持ち込むことが出来ます。

 

長い時間のフライトを予定しているのであれば、赤ちゃんの好きな食べ物を持っておいた方が機内でぐずってしまった時も役立ちそうですね。

 

ただし、先のとがったフォークやナイフは荷物検査の際に引っかかってしまいます。

 

赤ちゃん用のプラスチック製のスプーンが一番無難かなと思います。

 

ちなみに、私は学生時代に友達との旅行で国内線の飛行機に乗ったのですが、ついうっかり鉛筆削りのようなものをカバンに入れていて没収されてしまいました……

 

たしか、メイク道具に使うために入ていたのと思うのですが、返してはもらえなかった記憶があります。

 

荷物検査にひっかかってお気に入りのものが返ってこないとショックなので、うっかりミスには気を付けてくださいね!

 

そして、国際線だと荷物検査がいっそう厳しくなります。

 

液体とみなされるものは、100ml以下の容器に入れて、透明の袋に入れなければいけないという決まりがあります。

 

ただ、離乳食は除外されるようなので安心ですね。

 

瓶づめの物でも大丈夫のようですよ。

 

ただ、粉ミルク用のお湯を入れた水筒はもしかしたら検査にひっかかるかもしれないので、機内にあるお湯をもらったほう良いですね。

 

液体のもので旅先でも必要なものは、機内には持ち込めないというだけで預け入れはできます。

 

検査にひっかかりそうなものはスーツケースにいれて預けてしまえば旅先でも持っていけるので、あくまで機内で必要な分だけを持ち込むようにしてくださいね。

 

また、国際線の場合は果物などの食べ物が残ってしまった場合には、入国できないことが多いので気をつけてくださいね。

 

まとめ

  1. ほとんどの航空会社で離乳食の持ち込みが可能
  2. 冷凍した離乳食を電子レンジで温めてもらうことも出来る
  3. 予約すれば機内食として離乳食を提供してくれる航空会社もある
  4. フォークなど尖ったものは機内に持ち込まずスプーンにする
  5. 国際線では液体物の機内持ち込みはNGだが離乳食は除外される
  6. 食べ残しを持っての入国はできないので注意

 

赤ちゃんの食事の面での心配だけでもなくなると、安心して旅に出られますね。

 

念のために航空会社に問い合わせてみて、事前に準備しておくと良いかと思います!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんと飛行機でいつから海外に行ける?持ち物/耳抜き/座席選び

飛行機内にベビーカーは持ち込みできる?手荷物なら別料金がかかるの?

赤ちゃんと旅行はいつからできる?おすすめの宿・ホテルと持ち物リスト紹介!

赤ちゃんと温泉旅行はいつから?おすすめの泉質や入る時の注意点とは!

赤ちゃんと車で長距離移動中の抱っこは危険!チャイルドシートで泣く時の対策とは!

赤ちゃんを抱っこして車に乗せたら違反?違反にならない時とは?

車に赤ちゃんステッカーを貼る本当の意味!吸盤タイプのマイメロステッカーが可愛い!

Sponsored Links
Sponsored Links