赤ちゃんへの授乳は毎日何度もすることなので、授乳姿勢を意識しないと意外と腰などがキツイですよね。

 

気づいたらママの体もカチコチなんてことも><

 

今回は、授乳姿勢についてお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

授乳姿勢は「縦抱き」「横抱き」どっちが楽?

私が赤ちゃんを出産して初めての母子同室の日。

 

担当の看護師さんからこう教わりました。

 

授乳中、どうしてもママの姿勢が前かがみになりやすいけど、意識して姿勢を伸ばしてね。」と。

 

間違った授乳姿勢が一度しみつくと治すのは難しいそうで、この前傾姿勢のせいでママの体はカチコチに凝ってしまいます……

 

また、姿勢の良かったママも毎日何度も授乳を繰り返すことで正しい姿勢が崩れていってしまい、猫背になったり巻き肩になってしまったり、ひどいと体調不良に繋がることもあります。

 

こちらの動画は私が病院で教わった授乳方法とほとんど同じになります。

 

まずはこの動画をチェックしてみてくださいね☆

縦抱き

縦抱きは、基本の授乳姿勢と言われています。

 

赤ちゃんを縦に抱っこして、ママの太もも(授乳する側の足)に赤ちゃんの足を広げてまたがらせます。

 

ママの姿勢は、ピンとまっすぐに前のめりにならないように気をつけてくださいね。

 

そして、赤ちゃんをぴったりママにくっつけます。

 

この時、ママの手は赤ちゃんの首の後ろとお尻に当て、サポートしてあげてください。

 

高さが足りないようであれば、授乳クッションや枕などを利用してみてください。

 

横抱きは基本の授乳姿勢と言われていますが、私はわが子が成長して身長も大きくなってきたころから縦抱き授乳をしていました。

 

それまでは、横抱きだと上手く飲んでもらえないし、おっぱいも痛く感じたからです。

 

産院では、「縦抱きの授乳の方が楽だというママも多いよ!」と教えてもらいました。

 

小さめの赤ちゃんには、縦抱き授乳の方が授乳しやすいという話もあります。

 

それぞれ合う合わないがあると思いますが、私は赤ちゃんが大きくなってきたら縦抱きのほうが楽かもって思いましたね☆

 

ぜひ試してみてください^^

横抱き

横抱きも授乳の基本姿勢です。

 

どちらかというと、横抱きの方が一般的な気がします。

 

私は横抱きの方が赤ちゃんの吸いつきもよくしっかり飲ませることができたので、新生児から1歳ころまでは横抱きがメインでした。

 

授乳クッションを使って授乳していましたが、新生児のうちはさらにバスタオルなどで高さを出して授乳をしていました。

 

高さがないとママの姿勢が前のめりになり猫背になってしまうので注意が必要です。

 

抱き方は、授乳クッションの上に寝かせ、赤ちゃんのお腹とママのお腹を向かい合わせるようにしてギュッとくっつけて授乳すると上手くできますよ☆

 

こちらの動画を参考にしてみてください。

フットボール抱き

フットボール抱きという授乳方法もあることを知っていますでしょうか?

 

助産師さんが言うには、「新生児の頃はとくにおっぱいが張りやすくて母乳がつまりやすい時期なので、ひとつの抱き方で授乳をするのではなく、いろんな授乳方法で授乳するとまんべんなくおっぱいが出ていいよ」とのことでした。

 

乳腺炎になるのを防いでくれるとも言っていました。

 

フットボール抱きは、赤ちゃんを脇に抱き抱えてする授乳方法になります。

 

一番初めの動画でフットボール抱きの方法も紹介されていますので、見てみてください^^

 

そして、産後の授乳を楽にする方法を整骨院の方が教えてくれている動画もありました。

 

上手なくわえ方のコツはある?

赤ちゃんが上手におっぱいをくわえて吸ってくれないと、おっぱいの出が減ってしまったり、頻回授乳になってしまったりして悪循環になってしまいます。

 

上手におっぱいをくわえて飲んでもらうには、くわえ方が大事です。

 

赤ちゃんがママのおっぱいをくわええることを、「ラッチ・オン」とも言うそうです。

 

まず、上手に加えてもらうには、やっぱり授乳姿勢が大切です。

 

赤ちゃんの体が一直線になるような体勢を整えてあげます。

 

体は上向きなのに、顔は横を向いているのは良くない姿勢になります。

 

コツとしては、ママの乳輪が隠れるくらい大きな口で吸わせるようにすることです。

 

乳首だけを吸うような飲み方だと、しっかり飲めなかったり、乳首を痛めてしまったりするので気をつけてくださいね。

 

赤ちゃんもママも初めのうちは慣れないかもしれませんが、何度も練習していくうちに上手にくわえさせて飲ませられるようになっていくので、焦らないでくださいね^^

 

まとめ

  1. 楽な授乳姿勢はママや赤ちゃんの状態でそれぞれ
  2. 私の場合、赤ちゃんが小さい時は横抱き、多くなってからは縦抱きが楽だった
  3. 新生児のうちはいろいろな抱き方で授乳すると乳腺炎になりにくい
  4. 赤ちゃんが上手にくわるためには授乳姿勢が大切

 

なかなかうまく授乳できない赤ちゃんもいます。

 

それも個性なので落胆しないでくださいね。

 

出産した産院の助産師さんを訪ねて聞いてみたりするのも良いかと思います。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

授乳姿勢であぐらはひざが痛いときに足が楽?クッションなし/骨盤/和室

縦抱き授乳を首すわり前でも安全にする方法!正しい姿勢で腰痛予防!

横抱きすると嫌がる!泣く!楽にできるやり方はあるの?

赤ちゃんが哺乳瓶でミルクを飲まない!嫌がる原因は何?持つ角度も重要!

授乳期間中にアルコール摂取したら何時間後なら影響ない?チョコレート/ケーキも注意!

Sponsored Links
Sponsored Links