赤ちゃんの服装は、季節に合わせて肌着の枚数を変えたりして調節してあげなくてはいけません。

 

特に新生児期はデリケートで体温調節が上手くできないため、どんな服を何枚程度着させたら良いのだろうと迷ってしまいますよね。

 

冬の寒い時期は、部屋の中では薄着でも大丈夫ですが、外出先では一枚多く服を着せてあげたほう良かったりします。

 

また、意外なのが寝る時で、夜中や明け方は気温が下がって寒くなりますので、注意してあげることが大切なんです(*’ω’*)

 

では、どのようにして冬場の赤ちゃんの服装を調整してあげたらよいのでしょうか?

 

今回は、冬の外出時や寝る時の赤ちゃんの服装などについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

冬に赤ちゃんの服は何枚着せたら良い?

特に冬場は寒いので服を重ね着させてあげるのですが、必要以上に何枚も着させる必要はありません。

 

育児本などにも書かれている肌着の枚数はあくまでも目安なので、どんな種類の服を何枚着なくてはいけない!という決まりはないのです。

 

ただ、自由にしていいと言われるとそれはそれで迷ってしまいます。

 

参考として、実際に私が新生児の頃に着せていた例を紹介します。

 

自宅にいる時の服装

長肌着 + コンビ肌着 + カバーオール

エアコンをつけても少し寒い時は、このコーデに短肌着を追加しています。

 

外出時の服装

長肌着 + コンビ肌着 + カバーオール + ベスト + コート類

ベストやカーディガン、ポンチョなど脱ぎ着しやすい服を1枚持っていると調整しやすいです。

 

また、ベビーカーに乗せたり、抱っこ紐で抱っこして外出するときは、ケープとかあると便利ですね。

 

夜寝る時の服装

長肌着 + コンビ肌着 + カバーオール + ベスト

お腹が冷えないように、ベストを一枚着ると温かくして眠れます。

スリーパーを布団とベストの代わりに来させても良いですね!(^^)!

私はこちらのスリーパーをいつも着させていました。

 

新生児期の赤ちゃんが着る服装

赤ちゃんの肌着や服は種類が多くて、わからなくなってしまうこともあるので、種類別に簡単にまとめてみました。

 

短肌着

半袖でお腹が隠れるくらいまでの肌着で、季節問わず着れて重ね着させるのにとても便利です!(^^)!

 

長肌着

長袖で足まで隠れる程度の長さの肌着です。

冬の肌寒い時期によく使う肌着ですね。

 

コンビ肌着

長袖タイプ・半袖タイプの2種類あって、裾が二つに分かれている肌着になります。

お腹が出にくいので、短肌着や長肌着と組み合わせるて着せるのがオススメですね。

 

 

ロンパース

ロンパースは長袖、半袖、ノースリーブと色んなタイプがあって、肌着として着させることが多いです。

夏の暑い日はロンパース1枚でもOKですが、出かける時はもう1枚服を着せたりします。

 

 

カバーオール

肌着の上に着る長ズボン式のつなぎ服です。

オシャレな柄の服が多いので、外出着にもってこいですね。

 

赤ちゃんと大人では体温調節に違いがある!

私たち大人が寒いからと赤ちゃんに服を着せたり布団をかけてしまうと、意外に赤ちゃんは暑かったりということもあります。

 

実際に私も経験がありますが、夜に厚着をさせて布団も多くかけてしまったら、背中にあせもができてしまったということがありました。

 

赤ちゃんは大人よりも体温が36・5度~37.5度くらいまであるので、体温が高めなのです。

 

そのため、必要以上に厚着をさせてしまうと体温調節機能もまだ未熟なので体が熱くなってしまいます。

 

寝る時は必要以上に厚着をする必要はない」ということは覚えておいてくださいね。

 

また、外出する時は外の気温と建物の中の気温を考慮して、ベストなどで調整してくださいね!(^^)!

寒い時でも室内では靴下は不要?

大人は寒いと靴下をはきますが、赤ちゃんは基本的に室内では靴下はいりません。

 

赤ちゃんは足が出ていることで外気温を感知して体温調節をしていますので、靴下を履かせてしまうと温度調節が上手くいかなくなってしまいます。

 

ただ、足が明らかに冷たいときや外出時には靴下は履かせてあげたほうが良いので、そこは臨機応変に対応してくださいね(*’ω’*)

 

まとめ

  1. 赤ちゃんの冬の服装で枚数着せるという決まりはない
  2. 厚着をして寝ると暑くてあせもができることも
  3. 外出時はベストなどがあると便利
  4. 室内では靴下を履かなくても大丈夫

 

赤ちゃんの服の種類は多いので「何を着せてあげたら寒くないかな・・・」と、服装について悩んでしまうことが多いですが、赤ちゃんの手足とかを触ってみると、汗をかいていたり冷たかったりと、赤ちゃんが寒いのか暑いのか感じることができます。

 

自分の感覚ではどうしても感じる温度に差があるので厚着をさせてしまいがちですが、触って確かめることで防ぐこともできますよ(*’ω’*)

 

今回紹介したことが参考になれば嬉しいです☆

 

今回はここまでになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

ベビー服のサイズの目安を月齢別に紹介!迷ったら大きめサイズを!

秋冬ベビー服オススメの着せ方は?男の子女の子の防寒着・おでかけ着を紹介!

秋冬用おくるみで人気の素材/生地は何?退院/お宮参りなどに超便利!

ベビー服収納はカラーボックス・100均のかごがオススメ!アイデア次第でリビングもスッキリ!

ベビー服手作り初心者には無料の型紙が簡単でオススメ!ワンピース/カバーオール/ロンパース

ベビー服の洗濯は専用洗剤がいい?上手な干し方や方法とは?カビにも注意!

赤ちゃん用肌着の上手な着せ方とは!洗濯/水通しのやり方も紹介!

赤ちゃんが寝る時間はどれくらい?手足が冷たい時の服装はどうする?

赤ちゃんのつなぎ服はいつまで着せる?着なくなった理由は何なの?

Sponsored Links
Sponsored Links