「あれ?」と気付いたら、赤ちゃんにほくろが。

 

「前からあったっけ?最近になってできたのかな?」と思ってしまいますよね。

 

ほくろのの大きさが気になったり、そのまま放置しておいて大丈夫なのか心配になります。

 

そこで今回、赤ちゃんのほくろについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

ほくろができる原因とは?

そもそも「ほくろ」ってなんだろうと・・・と思って、ほくろについて調べてみました。

 

ほくろは医学的に「色素性母斑(しきそせいぼはん)」または「母斑細胞性母斑」と呼ばれていて、「母斑細胞」と呼ばれる細胞が集まったものなんだそうです。

 

母斑細胞にはメラニンが含まれているので、肌に褐色や黒色の斑点ができます。

 

大きさは直径5ミリ以下のものがほとんどのようです。

 

この母斑細胞がたくさんできてしまうことが原因で、たくさんできる理由として

 

  • 紫外線
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • ホルモンバランスの変化

 

など、お肌のトラブルでありがちな理由が多いですね。

 

「ほくろを数えると増える」って迷信がありましたが、母斑細胞っていうものが原因だったんですね。

 

とくに紫外線はシミの原因にもなるので注意したいです。

 

赤ちゃんにほくろができる一番の原因も「紫外線」だと思います。

 

赤ちゃんの皮膚は大人よりもすごく薄いので、紫外線の影響を受けやすいです。

 

紫外線には赤ちゃんも私たちも気をつけないといけないですね。

 

そして基本的には新生児にほくろはないんだそうです。

 

一般的には6ヶ月ごろからほくろができはじめて、早いと3~4ヶ月からほくろができる赤ちゃんもいます。

 

私の子はすでに6ヶ月を過ぎていますが、まだほくろのは出てきてなくてお肌もツルツルです。

 

冬は寒くてあまり外出していないので、紫外線の影響をあまり受けてなかったからかもしれませんね。

 

ほくろができる場所や大きさもまちまちで、赤ちゃんの成長と一緒に少しずつ大きくなっていきます。

 

先天性色素母斑」と呼ばれるものもあって、これは生まれつき体にできた小さなあざで、正確にはほくろとはまた別ものなんだそうです。

ほくろが大きくなると危険なの?

大人でもほくろが大きくなってきたら心配になりますよね。

 

赤ちゃんにできるほくろのほとんどは心配なく、乳児健診の時に医師から小児科や皮膚科の受診を勧められなければ、放っておいても問題なしのようです。

 

しかし、先ほど紹介した生まれつきできる「先天性色素母斑」にはすこし注意が必要です。

 

直径5ミリ~6ミリ以上の先天性色素母斑は、大人になってから悪性化して「メラノーマ(悪性黒色腫)」を発生する可能性があるんです。

 

注意したほうがいい赤ちゃんのほくろの特徴をまとめてみました。

 

  1. 生まれつき大きな母斑(直径5センチ以上)がある
  2. 小さいほくろが急激に大きくなってきた
  3. ほくろがいびつな形をしている、膨らんでいる
  4. ほくろの色にムラがある
  5. 出血する
  6. 境目がハッキリしない

 

ほくろの大きさだけではなく、色や形にも注目してみて、上記の特徴にひとつでも当てはまる場合は、一度病院で診てもらったほうがいいかもしれませんね。

メラノーマとは?

ほくろが悪性化してできるメラノーマとは、「悪性黒色腫」という皮膚ガンで、皮膚ガンのなかでも悪性度が高いものになります。

 

皮膚のなかにある「色素細胞」がガン化したもので、ほくろのように黒みをおびた斑点ができることから、「ほくろがん」とも呼ばれています。

 

メラノーマは手のひらや足の裏に多くできやすく、半数近くは手と足にできるそうです。

 

足の裏にできるメラノーマは紫外線とは無関係のようで、発生する部位や症状によって4つに分けられるそうです。

 

末端黒子型

足の裏や手のひら、手足の爪などに発生しやすく、日本人の多くはこの末端黒子型のメラノーマが多いそうです。

 

表在拡大型

全身のあらゆるところに発生して、肌との境目がはっきりしていなくてシミのようになっているのが特徴です。

 

表在拡大型は白人に多いと言われていて、最近では日本人にも多くみられるそうです。

 

結節型

部位に関わらず発生し、硬いしこりができます。

 

ガンの成長スピードが他のタイプより速いのが特徴です。

 

悪性黒子型

高齢者の顔面に発生しやすくて、はっきりしないシミのようなものができ、徐々に広がっていくタイプになります。

 

メラノーマの場合は、早急に取り除いたほうが良いとのことなので、気になったらすぐに病院で診てもらったほうがいいですね。

ほくろを除去したいときはどうしたらいい?

病気に関わるような危険なほくろは、医師の診断によって除去されることがほとんどです。

 

病気とは関係ない良性の小さなほくろも、除去することができます。

 

もし赤ちゃんにできたほくろがどうしても気になる場合は、医師と相談してみてください。

 

ほくろを除去する方法としては、レーザーや電気で焼いたり、メスを使って除去します。

 

ちょっと、痛々しいですね・・・

 

赤ちゃんの皮膚は再生能力が高いので、跡もほとんど残らないそうです。

 

良性のほくろは体に悪い影響を与えることはないので、親がというよりも子供自身が気にしだしたら対処してあげたらいいと私は思います。

ほくろを予防することはできる?

ほくろの原因のほとんどが紫外線によるものなので、できるだけ紫外線を浴びないことがほくろを予防することになります。

 

赤ちゃんのうちから、外出するときは帽子をかぶせたり、赤ちゃん用の日焼け止めを塗るなどするといいですね。

私も赤ちゃん用の日焼け止めを買っています。

 

夏になると、出かける前には必ず日焼け止めを塗ってあげています。

 

ちなみに私は愛用している赤ちゃん用の日焼け止めはこちらになります。

 

 

まとめ

  1. 新生児のうちはほくろはなく、一般的には生後6ヶ月ごろからできてくる。
  2. 直径5ミリ以上の「先天性色素母斑」は要注意!
  3. メラノーマは悪性の皮膚ガンのこと
  4. ほくろは良性でも除去することができる
  5. 紫外線予防がほくろ予防になる

 

生まれた時にはほくろがないことを、私は初めて知りました。

 

なかには危険なほくろもありますので、お風呂上がりとかに異常がないかみてあげてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんにほくろができるのはいつから?うまれつきあるものなの?

Sponsored Links
Sponsored Links