赤ちゃんが産まれて家に戻ると、赤ちゃんと一緒に添い寝する機会も増えてくるかと思います。

 

とくに母乳で育てているママは添い乳をすることも多いので、そのまま一緒に眠ってしまうことよくあります。

 

そんな時に腕枕をしてあげるママも多いのですが、思わぬ危険が潜んでいることを知っていますでしょうか?

 

今回は赤ちゃんを腕枕して寝る時の注意点や上手に添い寝する方法などについて、お伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんを腕枕するのは危険?

添い乳や添い寝をするときは自分の腕で抱きかかえながら寝かせる体勢になることが多いので、ママが一緒にそのまま寝てしまうと赤ちゃんの呼吸が苦しくなってしまうことがあります。

 

赤ちゃんの姿勢が崩れてしまうことが主な原因で、ママが眠ってしまい腕枕の位置が高くなってしまうことで赤ちゃんの首も高くなってしまいます( ˘ω˘ )

 

産まれて間もない赤ちゃんは気道が細いので、頭と胴体をまっすぐに保つことが理想とされているようです。

 

そのため、腕枕で極端に首だけを高くしてしまうと、赤ちゃんは呼吸がしにくくなってしまいます。

添い寝は大丈夫なの?

赤ちゃんと一緒に添い寝しても基本的には大丈夫なのですが、できれば赤ちゃん用の布団で添い寝をして赤ちゃんが寝たらママは自分の布団へ移動することが理想的です。

 

一緒に寝ることは「赤ちゃんにママがくっついていて安心できる」というメリットはありますが、大人と一緒の布団で寝ることは、以下のような危険もあるので気をつけてくださいね。

 

  • 赤ちゃんのカラダが沈みやすく窒息しやすくなってしまう
  • 掛布団などが赤ちゃんの顔が覆われてしまう
  • 大人用の布団は赤ちゃんとって重たい
  • 寝返りをして赤ちゃんを押しつぶしてしまう

 

私も大人用の布団のとなりに赤ちゃん用の布団を敷いて、川の字で添い寝や添い乳をしています。

 

添い寝中に何回か寝落ちしてしまったこともありましたが、赤ちゃんを押しつぶしていないかいつもハラハラしていました。

 

また、それが気になって熟睡できないことも多く合ったので、赤ちゃん用の布団で寝てもらうようにしました。

上手に添い寝する方法

赤ちゃんと添い寝をするときは、赤ちゃんの呼吸を妨げないことがポイントになります。

 

赤ちゃんの頭と体がまっすぐになるように平らに寝かせるのが理想的です。

 

赤ちゃんの布団で添い寝すると、赤ちゃんが眠った後も移動せずにすみます。

 

他にも、腕で赤ちゃんを抱え込むような姿勢で授乳することもできますが、この方法だと腕枕をしているようになってしまいます。

 

そうなると、赤ちゃんが眠った後に1人で寝かせるために少し動かしてしまって起きてしまうこともありますので、あまりオススメしません。

添い寝グッズを活用

赤ちゃんと一緒の布団で寝たい場合は、添い寝をするためのグッズを使って安全に寝かせる方法もあります。

 

・【日本育児】スグネル添い寝ベッド

・【フォルスカ】ベッドインベッド

 

こちらのような添い寝グッズを使えば、自分たちの布団で赤ちゃんを寝かせても安全に添い寝させることができます。

 

くれぐれも大人用の掛布団などで赤ちゃんの顔が覆われないように気をつけてくださいね☆

 

まとめ

  1. 赤ちゃんを腕枕して寝るのは赤ちゃんの呼吸を妨げる危険がある
  2. 赤ちゃんの気道は狭いので枕なども使用しなくても良い
  3. 赤ちゃんと添い寝をするときは窒息などに注意
  4. 添い寝グッズを使用すれば安全に添い寝することができる

 

とくに新生児期の赤ちゃんは首がまだすわっていないので、苦しくても自分で動くことができません。

 

添い寝や添い乳をするときは細心の注意をして、赤ちゃんが気持ちよく寝てくれるようにしてあげてくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんに枕いつから使う?頭の形を整えて絶壁を防ぐ王冠枕とは!?

赤ちゃんの枕はタオルで代用OK?窒息・嘔吐を防ぐ傾斜のあるおすすめ枕紹介!

ベビーベッドは必要?寝ない時や添い寝したい時はどうするの?

Sponsored Links
Sponsored Links