最近は予防接種も進化していて、様々なワクチンが同時に接種できるようになりました。

 

各自治体から予防接種のお知らせが届きますので、カレンダーに丸をつけて体調を整えてから予防接種を受けることになります。

 

とは言うものの、ワクチンの副反応・副作用が心配ですよね。

 

今回は、定期接種と任意接種の主な予防接種の初回接種時期、防げる病気、副反応・副作用についてまとめてみました!

Sponsored Links

 

予防接種は受けるべき?同時接種しても大丈夫なの?

予防接種について「自然にかかったほうが免疫がつく」「化学的なものを赤ちゃんの身体に入れたくない」という考えを持たれている方がいます。

 

ですが、ジフテリアや破傷風、ポリオやヒブなどといった予防接種がある代表的な病気は、

重篤の場合は死亡してしまうケースもあって、必ず打っておいた方が良いかと思います。

 

赤ちゃんが予防接種を受ける日に風邪をひいてしまった場合は、少しスケジュールをずらしてでも元気になってから自治体や小児科などの病院で予防接種を受けることをオススメします。

 

気をつけてほしいことは、体調を崩したままワクチンを接種すると、副反応(副作用)が強く出る場合があります!

 

基本的に予防接種をする当日の朝に37.5度以上の熱ある場合はドクターストップがかかります。

 

そのほか赤ちゃんの具合が悪い場合は、受診時に見送ることもあります。

 

普段から、平熱を知っておけるよう検温しておきましょうね。

 

また、ママと医師の合意の上で、多くの方がワクチンの同時接種を行っています。

 

というのも、同時接種のメリットとして必要な免疫を短期間でつけることができるからなんです(^^)

 

予防接種ができるスケジュールを確認して、他のワクチンと重なりそうな日があれば積極的に同時接種をしても良いかと思います。

副反応と副作用の違いって何?

ここで、副反応と副作用の違いについて、厚生労働省のホームページにある「新型インフルエンザ予防接種後副反応報告とは」というページを確認してみました。

 

「厚生労働省」のホームページはこちら

 

厚生労働省によると、

 

「副反応」とは、ワクチン接種により免疫をつけることに伴って発生する免疫の付与以外の反応です。

通常の医薬品で言う「副作用」と同様の意味です。

 

とありました。

 

・・・あら?

ということは、実質同じ??(´Д`;)

 

医師や育児本の多くは、副反応は注射のワクチンによる生体反応のこと、

副作用は薬の化学的反応のこと、と区別をしていたりもしています。

 

ただ、あまり神経質になって区別する必要はないみたいですね。。

赤ちゃんの予防接種で起こりうる副反応・副作用はどんなもの?

予防接種後によく起きる反応として、発熱発疹(湿疹・じんましん)下痢くなるれる便が硬くなる、などが挙げられます。

 

いずれも数日以内には治まる症状なので、あまり心配する必要はありません。

 

時には「紛れ込み反応」といって、反応が出たと思って検査をしてみたら、接種後にたまたま同じタイミングで感染した他の症状であることがあるんですって。

 

紛らわしい・・・(^^;)

そういうこともあるんですね。

 

ただ、どの予防接種も接種後30分以内は急激な副反応が起こる恐れがあるので、注意深い観察が必要です。

 

接種後はなるべく病院内で安静に過ごすか、すぐに連絡が取れる場所にいるようにしてください。

 

特に、アレルギー反応やアナフィラキシーといった重い副反応が出なければ、安心してお家に帰っても良いですね。

 

多くの保育園では、予防接種後の登園は副反応が出る恐れもあるので控えてください、となるべく自宅で過ごすようお願いをしているところもあります。

 

月齢の低い赤ちゃんについても、自宅で安静にしたほうが良いですね。

予防接種で防げる病気と副反応一覧

それぞれの予防接種と初回接種時期、防げる病気と副反応について一覧にしてみました。

 

それぞれ、赤くなる=発赤(はっせき)、腫れる=腫脹(しゅちょう)、硬くなる=硬結(こうけつ)と記入しています。

 

予防接種名 初回接種時期 防げる病気 主な副反応(副作用)
Hib インフルエンザb型

2ヶ月~7ヶ月未満

ヒブ感染症

特に細菌性髄膜炎/咽頭蓋炎

発赤/腫脹/硬結/下痢/嘔吐/発熱/不機嫌になる

極まれに、チアノーゼ/呼吸困難/血小板減少紫斑病/じんましん/けいれん/黒い便→すぐドクターに!

B型肝炎 2ヶ月~ B型肝炎 まれに、発赤/軽度の発熱
小児用肺炎球菌 2ヶ月~7ヶ月未満 小児の肺炎球菌感染症/細菌性髄膜炎/肺炎など

発熱/腫脹/発赤

まれに、ショック/アナフィラキシー/全身性じんましん

四種混合 3ヶ月~12ヶ月 ジフテリア/百日咳/破傷風/ポリオ 発赤/腫脹/硬結/発熱
 麻疹/風疹(MR)  1才の誕生日後すぐ 麻疹/風疹

発熱/発疹/痒み/発赤/腫脹/硬結/リンパ節の腫れ:いずれも軽症

まれに、アナフィラキシー/血小板減少性紫斑病/脳炎/けいれん

 日本脳炎 3才~ 日本脳炎

発熱/発赤/腫脹

まれに、発疹/圧痛

極めてまれに、アナフィラキシー様症状/急性散在性脳脊隨炎(ADEM)/脳炎/けいれん

 水痘 1才の誕生日後すぐ

水痘(みずぼうそう)

*20%は打ってもかかってしまうが、軽く済むことが多い

軽微な発熱/一過性の発疹/発赤/腫脹/硬結

まれに、じんましん/紅斑/そう痒/アナフィラキシー様症状/血小板減少性紫斑病

 BCG 5ヶ月~8ヶ月未満 結核

まれに、接種側の脇の下のリンパの腫れ

*欄外に追記あり

 ロタウイルス 2ヶ月~ ロタウイルス感染症/ロタウイルス胃腸炎と肺炎などの重い合併症 

服用後に不機嫌が続く/嘔吐/血便

以上の場合は腸重積が疑われるので、すぐドクターに!

 インフルエンザ

6ヶ月以降の秋

インフルエンザ

ただし、鶏卵を培養して作るワクチンのため、卵アレルギー児は接種不可

発赤/腫脹/痛み/発熱/嘔吐/接種部が熱を持つ/下痢

まれに、アナフィラキシー/急性散在性脳脊髄炎(ADEM)/ギランバレー症候群

*欄外に追記あり

 おたふく

(ムンプス)

1才~ おたふく(ムンプス)

接種後2-3週後頃に発熱/嘔吐/耳下腺の腫れ/咳/鼻水

まれに、無菌性髄膜炎/紫斑/血小板減少紫斑病

極まれに、30分後にアナフィラキシー様症状/ショック

 A型肝炎 1才~ A型肝炎 まれに、倦怠感/発赤/発熱/頭痛
髄膜炎 2才~ 髄膜炎感染症

まれに、微熱

極まれに、アレルギー反応/アナフィラキシー

 

BCGについてなのですが、副反応として接種局所に赤いポツポツや一部に膿が出ます。

 

ちょっと心配になるくらい赤くなりますが、接種後3ヶ月頃までには次第に治まっていきます。

 

これは免疫がついた証拠なんです!

 

もし同じようなことが起きたら、そのまま清潔を保ってあげてくださいね(^^)

 

ただ、皮膚がただれてしまった時や化膿して自然に破れて膿が出た時は、医師に一度相談したほうがよいかもしれません。

 

そして、これから本格的に流行するインフルエンザですが、特に接種後は激しい運動は控えましょう!

 

というのも疲れた身体では、インフルエンザに対する抗体が作られず、効果が出ない可能性があるからなんです。

「アナフィラキシー」と「アナフィラキシー様症状」の違いについて

私も初めて「アナフィラキシー様症状」という言葉を知ったので、簡単にまとめてみました。

 

アナフィラキシー

タンパク質の免疫の1つであるIgEとアレルギー原因物質がマスト細胞と結合して、ヒスタミンという痒みの原因を出し、アレルギー症状が過剰に全身に広がってしまうこと。

 

アナフィラキシー様症状

原因物質が直接マスト細胞を攻撃して、アレルギー症状が出てしまうこと。

 

つまり、アナフィラキシーは1度目で抗体を作って2度目に過剰反応が出てしまいますが、アナフィラキシー様症状では、初めての物質に対して似たような反応が出てしまうことなんですね!

 

ややこしいですね・・・

 

まとめ

  1. 接種後30分は特に注意が必要!何かあったらすぐ医師に知らせられるよう近くに!
  2. 発熱・発疹(湿疹・じんましん)・下痢などの副反応・副作用は数日で治るものがほとんど
  3. 紛れ込み反応」の可能性もあるので要注意
  4. 予防接種は健康な時に打っておきましょう!

 

少しでも予防接種の副反応・副作用の不安が拭えられたら嬉しいです。

 

任意の予防接種は、パパやママの判断で摂取する・しないを決めても良いかと思いますが、病気に苦しんでいる姿は見ていて辛いですよね。

 

余裕があれば予防接種で少しでも抗体を作って、ウイルスに感染しても軽く症状が済むようにしてあげたいですね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの予防接種スケジュールを立てよう!任意接種は必要?費用・服装は?

予防接種のスケジュール管理でおすすめの人気無料アプリを勝手にランキング!

赤ちゃんの検診はいつから?費用はどれだけ?内容/持ち物を事前にチェック!

赤ちゃんのひきつけの症状・原因・対処法は?予防接種後の熱に要注意!

予防接種後に熱が出た時の対処法!お風呂は何時間後に入れるの?

Sponsored Links
Sponsored Links