赤ちゃんのころからの英語教育、私もとても興味がありました。

 

英語を話せたほうが、将来役に立ちそうですもんね。

 

でも、毎日忙しくてなかなか難しかったりもします

 

今回は赤ちゃんの英語教材について、お伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんにおすすめの英語教材は?

ちまたでは、赤ちゃんのための英語教材がたくさんありますよね!

 

学生時代に英語を勉強しましたが、やはり毎日英語に触れることが一番大切だと感じています。

 

ライティングやリスニングは特訓次第ですごく伸びますが、スピーキング・発音はやはり時間がかかります。

 

だいたい2歳ぐらいなると、突如「なんでも言葉を習得する時期」が訪れたります。

 

もし「なんでも言葉を習得する時期」が見えてきたときに、日常にさりげなく英語を取り入れると良いですよ☆

 

こどもの耳はとても素直です。聞こえたままをそのまま言おうとします。

 

そして、そのまま色んな言葉を覚えられるようになれば嬉しいですよね。

 

数ある赤ちゃんの英語教材の中で、おすすめの英語教材を紹介をしていきたいと思います^^

ディズニーの英語システム

これは、とても有名な英語教材になります。

 

一度は見たり聞いたりしたことがあるかと思います。

 

ただ……値段がお高い!!

 

80万円を超えると知人から聞きました。

 

私は妊娠していたころに、マタニティのころから英語を。と思って資料請求したことがあります。

 

ディズニーの英語教材は、英会話教室の教材として使われているみたいです。

 

値段が高いだけあって、教材のレベルは良いと思います。

 

ざっと良い所を挙げてみると、こんな感じです。

 

  • 教材がオールイングリッシュだということ
  • DVD、CD、絵本などが連動していて、色んな学習が幅広くでること
  • 物語になっているので、自然と会話の習得にもなる
  • 古くなっても内容はほぼ代わりない(らしい)ということ
  • ディズニーならではのきれいな英語

 

メリットはたくさんなあるのはわかったのですが……購入までは至らなかったです。

 

理由は、私がちゃんと使いこなせるか、無駄にしてしまうんではないか。という思いがあったからです。

 

どんなに良い教材であっても、赤ちゃんなのですぐに飽きてしまいがちなところを、親がサポートしていかなければなりませんよね。

 

ディズニーの教材では親が英語を教える必要はないと言ってはいるのですが、親も一緒に楽しんでいる風景を見せることも重要だと私は思っています。

 

ディズニーの英語教材はイベントがあったり、コミュニティが充実していたりと、サポートも充実しているようなので、本気で取り組みたい方には本当におすすめの英語教材だと思います。

 

「ディズニー英語システム」のHPはこちら

ワールドワイドキッズ(ベネッセ)

ベネッセのワールドワイドキッズは、最近人気が出てきている教材になります。

 

実際に仲の良いママ友は、この英語教材を赤ちゃんに使って英語に触れさせています^^

 

遊びに行ったときに、教材をすべて見せてもらったり、DVDも見せてもらいました。

 

わが子は、「おかあさんといっしょ」や「アンパンマン」など、面白いテレビに慣れてしまっていたので、ちょっとつまらなさそうでした……

 

でもお友達の赤ちゃんはノリノリ!

 

小さい頃から”テレビ = ワールドワイドキッズ”としていたようなので、とても楽しそうでした!!

 

ママ友の徹底ぶりがすごかったのですが、家で遊ぶときはいつもワールドワイドキッズの教材を使ったりしていて、キャラもので日本語を発するものはひとつもなかったです(驚)

 

そしてテレビをつけていない時はずっと洋楽を流しているので、スマホでYoutubeを見るより洋楽を聴かせてほしいとねだっていました(驚)

 

そのお陰だと思いますが、一緒に遊んでいても英単語が出てくるので、それだけ徹底しているからこそだと思いました、

 

わが子の場合は早々に飽きていて全く興味をしめさなかったので、ワールドワイドキッズも見送りました……

 

赤ちゃんの英語教材としてはとても充実していて、ディズニーの英語システムよりも色鮮やかで使いやすそうな印象を受けました。

 

お値段も20万円ちょっとなので、ちょっと頑張ったら始められそうなところも魅力ですね^^

 

教材のレンタルもしているそうなので、気になった方は実際に試されてみてはいかがでしょうか。

 

「ワールドワイドキッズ」のHPはこちら

しまじろうの幼児英語教材

こちらは同じくベネッセのこどもちゃれんじの英語教材です。

 

ワールドワイドキッズはしまじろうが出てきませんが、こちらはしまじろうが出てきます。

 

そして英語と日本語が混じっている教材になります。

 

英語が苦手な親でも一緒に楽しく学べそうです^^

 

NHKのEテレでやっている「えいごであそぼ」はあまり好きでなかったわが子も、こちらのサンプルには食いついて何度も見たそうにしていました。

 

ずっと「やっぱり英語教材はオールイングリッシュじゃなきゃ」と思っていたのですが、違ったようでした。

 

ある程度日本語に慣れてしまっていたり、オールイングリッシュに興味を持たなかったり、おそらく2歳前後の子どもだったらこちらの英語教材の方が馴染みやすいと感じました。

 

こちらもサンプルがあるので、気になる方は請求してみてください^^

 

「しまじろうの幼児英語教材」のHPはこちら

こどもえいごおまかせパック(アルク)

こちらはアルクという会社の英語教材になります。

 

アルクは英語を勉強されていた方なら聞いたことある会社だと思います。

 

私もアルクの教材を使って勉強していたことがあります。

 

アルクの教材はわかりやすくて良い。という印象があります。

 

おそらくこちらもわかりやすいのでは?という感じでのオススメなのですが、使ったり見たことがないのでまだ何とも言えません。

 

オールイングリッシュで英語を読む力も養えることができ、標準学習期間は24カ月だそうです。

 

お値段は6万円ちょっと。

 

やってみる価値はありそうかな、と思っています。

 

「こども英語おまかせパック」のHPはこちら

えいごであそぼプラネット

こちらは、Eテレやっていたえいごであそぼの英語教材です。

 

こどもが好きなカラフルな色使い、おもしろいコーナーを集めたDVDと、充実しています。

 

えいごであそぼが好きだったら迷わず購入していたのですが、えいごであそぼの放送すらちゃんと見られなかったわが子には合わないだろうなと、我が家は見送りました。

 

えいごであそぼでやっていた話や歌がたくさん入った教材に、スペルのポスター・タッチペン・ゲーム・ぬいぐるみなどもついているので、ゲーム感覚で取り組めることができると思います。

 

「えいごであそぼプラネット」のHPはこちら

絵本や歌の聞き流しでも効果あるの??

小さいうちは日本語の歌でも聞こえたままの発音で歌いますよね?

 

それと同じで英語の歌を流しておくと、けっこう歌います!

 

私は絵本や歌を聞きな流していても効果があると思っています。

 

小さいうちは、図書館にある児童英語の簡単な絵本とかで良いかなぁって^^

 

絵本は海外の小さい子向けのものがamazonなどで簡単に手に入るので、まずは絵本からチャレンジしようかなと思います。

 

絵本は、テレビの見過ぎとかの心配もなく、親子のスキンシップにも最適です♪

 

わが子は物語の絵本より図鑑が好きみたいです。

 

子ども向けの図鑑には、英語も書かれているので始めやすいですよ^^

 

あとは、無料のyoutube動画に頼ってみるのもアリですね^^

 

 

マザーグースを、みなさん知っていますでしょうか?

 

英語圏の人も小さい頃一度は見るらしくて、マザーグースなら間違いないと思って検索していたらけっこう楽しそうな動画が!!

 

もちろんわが子も釘づけです☆

 

いろんな動画や、30分、1時間、2時間、3時間のメドレーもあります。

 

合間にマザーグースクラブのみんなのやりとりがあったり、ネイティヴの英語に触れられます。

 

英語も聞き取りやすいのでおすすめ^^

 

まずはこどもの耳を育ててあげる(英語に慣れる)環境を作ったらいいんじゃないかな?と思います。

 

まとめ

  1. 教材はいろいろ、オールイングリッシュの教材は2歳未満にオススメ!
  2. 英語と日本語が混じっている教材は、英語に抵抗が出てきている2歳以上にオススメ
  3. 日頃から英語の音楽をBGMに、親子のスキンシップを英語の絵本にするだけでも効果的^^

 

今や幼稚園から英語が当たり前の時代になっています。

 

英語が嫌いにならないよう、楽しいことを伝えていけると良いですよね^^

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの脳に音楽は良いの?ノリノリ/喜ぶ/寝る/楽しい/クラシック曲を聞かせてみた!

赤ちゃんに絵本はいつから?プレゼントに人気のセットや無料・オリジナル絵本を紹介!

赤ちゃんが喜ぶ手遊び歌とは!見ると泣き止む噂の動画も紹介!

Sponsored Links
Sponsored Links